3年使用したケンジントンのワイヤレストラックボールの詳細レビュー。【Kensington/エキスパートマウス/K72359JP】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、私が動画やDTMなどの編集作業でメインで使用しているケンジントンのトラックボールをレビューしていきたいと思います。

約3年間使用しています。

今回の動画は4つの項目です。

本体と付属品、本体各部の確認、主な特徴、ドライバーソフトとの相性、最後にまとめと次回予告です。

ツッキーツッキー

それでは、本体と付属品から見ていきたいと思います。

本体と付属品

パッケージは大きかったので処分してしまいました。

下のパッケージ写真は購入当時のものです。

本体含め付属品です。

付属品
  • トラックボール本体

  • パームレスト

  • USBレシーバー

  • 取扱説明書と保証書

他に乾電池も付属していましたがもう使用済みで現在はエネループを使用しています。

電池の持ち具合についてしっかり計測したことはありませんが、私の場合はスイッチを入れっぱなしで1日4,5時間使用する感じです。

エネループを使い、だいたい半年以上は持つと思います。

体感的にいつ電池を交換したか覚えていないくらい持つ感じです。

ツッキーツッキー

次は本体各部を見ていきたいと思います。

本体各部の確認

上面

ボールは乗っているだけですので簡単に取り外せます。

この中には埃がよく溜まりますので、気が付いたらエアーダスターで埃を吹き飛ばしています。

特に3点あるセンサーの部分によく埃が溜まります。

ボールの周りにスクロールリングがあります。

回すことによってWebページやドキュメントのスクロールが出来ます。

スクロールする向きはドライバーソフトの設定で好みの向きに変更可能です。

また、ボタンは4つ用意されていて1つずつのボタンにクリックなどの機能割り当てが出来るのと、右上と右下などの2つのボタンを組み合わせて動作を割り当てることも可能です。

裏面

電池入れとUSBレシーバーを入れる場所があります。

左側が電池入れ。

電池の右側のスペースにUSBレシーバーを入れることが出来ます。

電池の部分には紐がついていますので電池の取り外しは楽です。

その下に電源のオンオフスイッチと、BluetoothとUSBレシーバーの切り替えスイッチがあります。

好みの接続方法に合わせて切り替えます。

ゴムだと思うのですが、しっかりした脚が4つ付いています。

トラックボールを操作していて本体が動くことは無いです。

パームレスト

上面は程よく柔らかい素材です。

皮のような感じで高級な雰囲気も少しします。

裏にはプラスチックで本体と接続するパーツが付いています。

下の画像の突起を本体の窪みに合わせて固定します。

接続するとこんな感じになります。

私は机のスペースの関係で使用していませんが、広い机の場合はあると手に優しいと思います。

サイズと重さ

サイズと重さです。

サイズと重さ
約13cm
約15.7cm
高さ約6.5cm
重さ(電池あり)約400g

質感

本体の見た感じや操作した雰囲気で、トラックボールの操作感は適度な重さがあり良い感じです。

スクロールリングは軽いしカタカタいう感じでチープさが否めません。

ボタンのクリック感も商品価格を考えると、特別良いとは思えず普通な感じです。

それでも使用するのは手の疲労がマウスより軽減されるからです。

ツッキーツッキー

次はドライバーソフトとの相性を見ていきます。

ドライバーソフトとの相性

ケンジントンのトラックボールは、基本的には「KensingtonWorks」というドライバーソフトで各種設定をします。

注意しなければならないケースとして、Macでワイヤレストラックボールを「Bluetooth」で接続してOSが「Big Sur」の場合は、「ステアーマウス」のようなマウスを制御するソフトウェアが現状は必要になります。

※全てとは限りません。私の場合は「KensingtonWorks」で正常に動きませんでしたという話です。

いずれ改善されるとは思いますが、いつになるかは分かりません。

「ステアーマウス」について気になる方は前回の動画かブログ記事をご覧下さい。

ステアーマウスのブログ記事↓

ツッキーツッキー

次はまとめと次回予告です。

まとめと次回予告

まとめ

私は、ケンジントンのトラックボールは操作性が凄く良いと思っています。

使い始めの頃もトラックボールに抵抗感は全くありませんでしたし、おかげで手首の疲労はマウスを使用していた時より確実に減りました。

あとは「ドライバーさえしっかりしてくれれば」という感じです。

今後もずっと使い続けていくと思います。

次回予告

次回の娯楽堂では、トラックボールをBluetooth接続する方法について見ていきたいと思います。

次回のブログ記事↓

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ