「Babyface Pro」のレビューと本体ボタンの使い方。オススメの設定変更方法。【RME/オーディオインターフェイス/TotalMix FX/DTM】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は「Babyface Pro」について見ていきたいと思います。

私が持っているのは「FS」の付いていない1つ前のモデルです。

確か、この機種を購入して半年ぐらい経った頃に「Babyface Pro FS」という新しいモデルが発売されてショックを受けた思い出があります。

でも、この「Babyface Pro」は動画撮影時の音声録音やボーカルレコーディングなどに活躍してくれています。

取り回しが良くて設置場所を選ばないので重宝しています。

ツッキーツッキー

今回の動画は4つの項目です。

パッケージと付属品の確認、外観のチェック、本体のボタンの使い方と設定変更方法、最後にまとめと次回予告です。

ツッキーツッキー

それでは、パッケージと付属品をチェックしていきたいと思います。

パッケージと付属品の確認

パッケージの確認

パッケージです。正面には特徴が記載されています。

横に内容物とシステム動作環境が記載されています。

裏面には特徴が記載されています。

ここにキャリングケースが入っています。

取り出します。

付属品の確認

「Babyface Pro」本体はこの黒いキャリングケースに入っていました。

持ち運びも想定されているのだと思います。

中にはUSB2.0ケーブルとMIDIのブレークアウトケーブル。

他にマニュアルが2冊と保証書が付属します。

外観のチェック

ツッキーツッキー

Babyface Pro」の外観のチェックをしていきたいと思います。

本体正面

エンコーダーとボタンが6個あります。

これらで「TotalMix FX」のある程度の操作ができます。

使い方はまた後でみていきます。

上部にはフェーダーが4本とLEDライトが搭載されています。

本体のボタンで操作するときにここのライトが必要になります。

本体上面

本体上面には、マイクなどをレコーディングする端子の「アナログインプット1/2」とモニタースピーカー用端子が「XLR」で装備されています。

右側にあるのが「アナログアウトプット1/2」です。

「TotalMix FX」で見ると「1」と「2」の入力です。

アウトプットは「AN1/2」です。

右側面

ヘッドホン端子が2つと、エレキギターやベースなどを接続できる入力端子が2つあります。

「TotalMix FX」で見ると「3」と「4」の入力です。

左側面

USB端子とアダプター用の端子があります。

基本的にパソコンと繋ぐ時はUSBバスパワーで動作しますが、iPadなどに接続する時は外部電源が必要になります。

他に、MIDI端子とオプティカル入力と出力端子があります。

サイズと重さ

サイズと重さはこんな感じです。

このサイズからすると「ズッシリ重い」といった印象です。

サイズと重さ
約181mm
約108mm
高さ約35mm
重さ680g

本体のボタンの使い方と設定変更方法

「TotalMix FX」の基本的な見方と使い方は前回の動画で説明していますので、よく分からないという方は前回の動画をご覧下さい。

ここでは「Babyface Pro」本体にあるボタンの役割と「TotalMix FX」の動きを見ていきたいと思います。

OUTボタン

まず本体の右にある「OUT」というボタンを見ていきます。

そして本体の上部LEDを見ますと、「Phones」というところにLEDが点灯しています。

この状態でエンコーダーを回すと、ヘッドホンのボリュームを操作できます。

私の場合はヘッドホンのボリュームを「CONTROL ROOM」の「Main」に設定していますので「TotalMix FX」の「Main」フェーダーが動きます。

次に「OUT」のボタンを押して「Ch1/2」に合わせると「アナログ出力1/2(Phones1.AN1/2)」のフェーダーが動きます。

多くの方は「アナログ出力1/2」にモニタースピーカーを接続していると思いますので、エンコーダーでモニタースピーカーの音量を操作出来ます。

また、「Opt」も操作出来ます。

INボタン

「IN」ボタンを押すと左側の「INPUT」の「Ch1/2」「Ch3/4」「Opt」チャンネルを3つ選択する事が出来ます。

これは「TotaiMix Fx」で見るとこれらの入力チャンネルです。

ここでコントロールできるのは各チャンネルの「入力ゲイン」です。

例えば、「IN」ボタンを押して「Ch1/2」が選択されている時に「SELECT」ボタンを2回押すと、インジケーターのLEDが点滅しました。

これで「AN1」のトラックが選択されましたので、エンコーダーを回す事で入力ゲインを操作出来ます。

もう一度「SELECT」ボタンを押すと「AN2」の入力ゲインを操作出来ます。

もう1度押すと「AN1」と「AN2」を同時に動かせます。

これらの操作を「Ch1/2」「Ch3/4」「Opt」で出来ます。

MIX B

次は「MIX B」ボタンを見ていきます。

このボタンを押してエンコーダーを回す事で「HARDWARE INPUTS」のモニター音量を調節できます。

例えば「AN1」にマイクを接続した場合、このフェーダーが一番下にあると入ってきた音をモニター出来ません。

レコーディング時などは「0dB」にするのが基本ですが、少し小さくしたりなどの調節を本体のエンコーダーで操作する事が出来ます。

また、「IN」ボタンでトラックを指定し「SELECT」ボタンを使用する事で任意のフェーダーを操作出来ます。

下の画像は「AN2」を操作しています。

A SET

「A SET」ボタンです。

これはデフォルトの設定では2秒間長押しする事で「Recall」という値を設定する事が出来るボタンです。

「TotalMix FX」内で「Options」「Setting」のページで「Recall」という値があります。

私は「-45dB」に設定しています。

「Recall」の機能とボタンの位置は、下の画像で「TotalMix FX」の「CONTROL ROOM」の右下にあるボタンです。

これを押すと、私の設定だと「Main」のフェーダーが「-45dB」に移動します。

これを設定するボタンが「A SET」にデフォルトで割り当てられていますが、正直実用的ではありませんので私は変更しています。

変更の仕方は、「Options」「ARC and Function Keys」と進み「A」のところを見ます。

ここに表示されるリストから自由にボタンの役割を指定できます。

私はこのリストの中から「Phantom 1」を選択しています。

これは「AN1」のトラックのファンタム電源をオンにする設定です。

「AN1」にコンデンサーマイクをつなぐ事が多いので、こうしておくとここのボタンでオンとオフが操作出来ます。

DIM

「DIM」ボタンです。

「DIM」も「CONTROL ROOM」のあるボタンです。

先ほどと同じで「Options」「Setting」のページで設定できます。

デフォルトは「-20dB」だったと思うのですが、私は最小の「-65dB」にしています。

何か突発的に大きな音が出た時にこのボタンを押す事で音を小さくできます。

ただ、私はここのボタンの設定も変更しています。

大音量を警戒して「DIM」を「-65dB」にしていますが、これだと「Main」のトラックにしか有効ではありません。

「TotalMix FX」には「Global Mute」という機能があり、指定したトラックを全てミュート状態にする事が出来ます。

万が一の時にこのボタンを押せば全ての音をミュート出来ますので、私はこの設定にしています。

やり方は、下の画像のように設定したいトラックののミュートボタンを一度クリックして薄い青で点灯した状態にしておきます。

現在はすべてのトラックがミュートに設定されています。

一度解除してみます。

何も設定していない状態だと下の画像のような感じになります。

「Global Mute」を適用するには、一度押して薄い青が表示された状態にしておきます。

例えば「HARDWARE INPUTS」のすべてのトラックだけ適用したい場合は、下の画像のような状態にします。

私はすべてのトラックを設定しています。

これですべてのトラックが設定された状態になります。

この状態で「DIM」ボタンを押すと濃い青に変わり、全てのトラックがミュートされます。

これで万が一の事故を防げると思います。

SELECT

「SELECT」ボタンを押しながらエンコーダーを回すと、「OUTPUT」のところで選択されているトラックのパンを操作出来ます。

例えば「Phones」を選択中に「SELECT」を押しながらエンコーダーを回すと「Main」のトラックのパンニングを操作します。

これもそんなに実用的では無いかなと思うのですが、「SELECT」ボタンの機能は変更出来ないようです。

ツッキーツッキー

以上が各ボタンの使い方と変更方法です。

まとめと次回予告

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

「Babyface Pro」本体のボタンだけでもそれなりに「TotalMix FX」の操作が可能です。

人によってそれぞれ使い方が違うと思いますので、使い易いボタン設定を研究してみるのも面白いと思います。

次回の「ツキシマ音楽堂」は、「Fireface UCX」と「ARC USB」のボタン設定について考えていきたいと思います。

また次回の動画も観て頂けたら嬉しいです。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ