「ARC USB」と「FIREFACE UCX」のボタン設定。ツキシマ的使い方の中身。【RME/オーディオインターフェイス/DTM】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

以前、「ARC USB」を開封レビューしましたので、普段私が「FIREFACE UCX」と「ARC USB」を組み合わせてどんな設定にしているのか、備忘録もかねて動画にしておきたいと思います。

今回の動画は3つの項目です。

「TotalMix FX」のレイアウト、「ARC USB」のボタン設定、最後にまとめと次回予告です。

ツッキーツッキー

それでは「TotalMix FX」の画面を見ていきたいと思います。

「TotalMix FX」のレイアウト

ツッキーツッキー

TotalMix FX」の基本的な見方がよく分からない方は、以前に動画にしていますのでまずそちらをご覧下さい。

まず、現在下の画像に表示されているのが、私が「FIREFACE UCX」を使用する時の「TotalMix FX」のレイアウトです。

HARDWARE INPUTS

上段の「HARDWARE INPUTS」はアナログ入力の「1」から「4」までをモノラルにしています。

SOFTWARE PLAYBACK

中段の「SOFTWARE PLAYBACK」は特にいじる事なくそのままです。

HARDWARE OUTPUTSとCONTROL ROOM

下段の「HARDWARE OUTPUTS」と「CONTROL ROOM」は少し変更を加えています。

一番右の「Main」はヘッドホン。

「Phones1」は「アナログ出力1/2」に繋いだメインスピーカー。

「Phones2」は「アナログ出力3/4」に繋いだサブのスピーカーを割り当てています。

これらは右下にある「Assign」で設定可能です。

スピーカーが「Phones」というトラックネームの表記だと混乱しそうですが、私はもう慣れていますし、「Babyface Pro」や「ARC USB」を使う時もこの方が設定し易いのでデフォルトの表記のままで使用しています。

ちなみにトラック名の表記は変えられます。

2つ方法があります。

各トラックの名前のところをダブルクリックする方法が1つ。

もう1つは、「Options」→「Channel Layout」と選択して、開いたページの「Name(User)」のところで自由に変更可能です。

ツッキーツッキー

次は「ARC USB」のボタン設定を見ていきます。

「ARC USB」のボタン設定

「ARC USB」のボタン設定を変更するには「Options」→「ARC and Key Command Settings」と進み「ARC USB」のタブをクリックします。

そうしますとリストが開きます。

現在上の画像に表示されているのは、既に私が変更したものでデフォルトではありません。

デフォルトだと本体のボタンの下に表示されているように、「1」から「8」までのボタンにはスナップショットが設定されています。

私はスナップショットは使用しませんので変えています。

ツッキーツッキー

それではここからツキシマが変更した各ボタンの設定について見ていきます。

ボタン「1,2,3,4」

「1」と「2」にはアナログ入力「1」と「2」のファンタム電源の「オンオフ」を設定しました。

これでワンタッチでファンタム電源をコントロールできます。

「3」と「4」には「instrument」を設定しています。

エレキギターやエレキベース、キーボードなどを接続した時にオンにします。

ボタン「5,6,7,8」

「5」と「6」にはアナログ入力「1」と「2」の入力ゲインを設定しています。

このボタンを押してからエンコーダーを回すと入力ゲインを操作出来ます。

「7」「8」はアナログ入力「3」と「4」の入力ゲインです。

こちらもボタンを押してからエンコーダーを回すと入力ゲインを操作出来ます。

ボタン「9,10,11,12」

「9」は「Mono」です。

「Main」トラックの出力をモノラルに出来ます。

これはデフォルト設定のままにしています。

「10」と「11」もデフォルトのままです。

これらは「CONTROL ROOM」の「Phones1」と「Phones2」の出力の音量を操作出来る設定です。

最初にお話しましたが、私はメインスピーカーとサブスピーカーをそれぞれに接続していますのでここで出力音量をコントロールします。

ボタンを押してエンコーダーを回すとフェーダーが動きます。

「12」は「Toggle Totalmix Windows」に設定しました。

このボタンを押すと「TotalMix FX」をディスプレイに表示させたり消したり出来る設定です。

ボタン「13」

「13」は「Global Mute」に設定しています。

これは最も重要な設定の1つだと私は考えています。

「Babyface Pro」の時にもお話ししていますが、「TotalMix FX」には「Global Mute」という機能があります。

設定したトラックを全てミュート状態にする事が出来る機能です。

私は「Global Mute」が全トラックに有効な状態にして「13」のボタンに設定していて、万が一、大きな入力やスピーカーから大音量が出ても、「13」のボタンを押せば全ての音をミュート出来ます。

設定方法は、下の画像のように設定したいトラックのミュートボタンを一度クリックして、薄い青で点灯した状態にしておけば大丈夫です。

詳しくは「Babyface Pro」のレビューの時に説明していますのでそちらの動画をご覧ください。

この状態で「13」のボタンを押すと明るい青になり、指定した全てのトラックがミュート状態になります。

ツッキーツッキー

これは安全装置だと私は思っています。

ボタン「14,15」

「14」は「Main」トラックの「Recall Volume」にしています。

私は「Recall Volume」を「-45dB」に設定して基準にしていますので、ミックス中などでボリュームがどんな値になっていたとしても「Recall Volume」を押せば「Main」のトラックが「-45dB」になります。

「15」はデフォルトの設定の「DIM」のままです。

「DIM」を押した時の音量も設定で自由に決められます。

デフォルトだと「-20dB」ですが、私は「-65dB」にしています。

音量がほぼ「0」になる設定です。

ただ、「DIM」が有効なのは「Main」トラックだけですので「Global Mute」の方が実用性は高いです。

ボタンの設定リストの中に他に欲しい機能が無い(リストの中で自分的に有効な設定が思い付かない)ので、そのまま「DIM」にしています。

以上が現在の設定になります。

ツッキーツッキー

次はまとめと次回予告です。

まとめと次回予告です。

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

オーディオインターフェイスも人それぞれで使い方が違いますので設定方法も様々あると思います。

「私はこんな感じで設定しています。」というお話しでした。

実際、過去に「TotalMix FX」をマウスで操作して突発的に大音量がスピーカーから出るという大変な事を経験していますので、安全装置として「Global Mute」を設定し、操作は慎重にするようにしています。

次回は画面キャプチャーをする時の「TotalMix FX」と「OBS Studio」の使い方を見ていきたいと思います。

「Windows」と「Mac」で方法が少し違います。

まずは簡単な「Windows」パソコンを見ていく予定です。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ