RME 「ARC USB」の開封レビューと購入した理由とやらかした事故の話。【TotalMix FX/DTM/オーディオインターフェイス】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は「RME」のオーディオインターフェイスをコントロールする事が出来るアイテムの「ARC USB」を購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。

「RME」のオーディオインターフェイスは、下の画像の「TotalMix FX」というソフトウェアで入力や出力などをコントロールします。

とても便利なのですが、「TotalMix FX」はマウスで操作する事で事故が発生するリスクがあります。

それに関してはまた後でお話しします。

今回の動画は6つの項目です。

開封、内容物の確認、外観のチェック、購入した理由、やらかした事故、最後にまとめです。

ツッキーツッキー

それでは、開封をしていきたいと思います。

開封

パッケージです。

ビニールを剥がします。

箱の裏側に日本語ガイドが付属しています。

箱を開けると保証書やステッカー等が入っています。

その下には本体とUSBケーブルが入っています。

内容物の確認

内容物
  • ARC USB本体

  • キー・ラベル用ステッカー

  • 日本語ユーザーガイド・保証書

  • USBケーブル

  • ステッカー

ツッキーツッキー

次は外観を見ていきたいと思います。

外観のチェック

ボディ全体はアルミ製だと思います。

とても堅牢な感じがしますし、高級感もあります。

ただ、各ボタンが浮いているような感じで本体を揺らしてみるとカラカラ音がします。

これは全てボタンが動いている音です。

ボタンのクリック感はしっかりとあります。

各ボタンの下にはデフォルトで割り当てられている機能が表記されていますが、設定で自分の好みの機能を割り当てる事が可能です。

割り当てを変更した時用にラベルシールも付属しています。

デフォルトでは1段目と2段目にスナップショットが割り当てられていますが、私は今のところスナップショットは使用していないのでマイクゲイン等に設定します。

中央のホイールは回してみると微妙にクリック感がある感じです。

もう少し高さがあると回し易いかなと思いました。

ホイールは旧モデルの「リモートコントロール」の方が私は好みです。

こちらの方がちょうど良いクリック感と抵抗感で回し易い感じがします。

「Babyface Pro」のホイールは「ARC USB」とほぼ同じタイプだと思います。

本体上面にはUSB端子があります。

本体右側にフットスイッチ用の端子があります。

フットスイッチにもキーコマンドを割り当て可能です。

サイズは、旧モデルと「Babyface Pro」と比べて大きさの差はこんな感じです。

ARC USBサイズと重さ
横幅90mm
縦幅170mm
厚み33mm
重さ300g

購入した理由

ツッキーツッキー

今回「ARC USB」を購入した理由は、私が持っている「FIREFACE UCX」と「Babyface Pro」の両方で使用できるからです。

「FIREFACE UCX」はデスクに固定して作曲やミックスの時に使用しています。

「Babyface Pro」は動画収録する時の音声や、防音室でボーカルやアコースティックギターをレコーディングする時などに使用しています。

「RME」のオーディオインターフェイスはとても性能が良く、ずっとメインで愛用しています。

ただ、「FIREFACE UCX」を見て貰えば分かると思いますが、物理ノブが1つしかありません。

これでもある程度操作は出来るのですが、やはり不便です。

たくさんある入力や出力、録音時のゲインコントロールなどは「TotalMix FX」というソフトウェアで行います。

元々「Advanced Remote Control」という右の青いコントローラーを使用していましたが、これは「FIREFACE UCX」に直接挿して使用するもので「Babyface Pro」には使用できません。

「ARC USB」は、パソコンのUSB端子に接続して「TotalMix FX」をコントロールしますので、「Babyface Pro」でも使用出来るので良いなと思いました。

また、旧モデルよりボタンの数が倍近くに増えたのも購入を決めたポイントです。

ツッキーツッキー

次は、やらかした事故のお話です。

やらかした事故

これも「ARC USB」を購入した理由の1つなのですが、マウスで「TotalMix FX」を操作するとミスが起きる可能性があります

以前「リファレンスのススメ」という動画で「IK Multimedia」の「ARC System」についての動画を収録していた時に事故が起きました。

ブログ記事↓

撮影中に音を出しながらマウスで「TotalMix FX」を操作していた時です。

少しだけアウトプットの音量を上げたつもりが、マウスを離した瞬間にボリュームが「0dB」までジャンプしてしまい、とんでもない大音量がスピーカーから出ました

もうスピーカーが壊れたと思いましたし、私も一瞬パニックになりました。

結局マウスで操作すると、そういった事が起きる可能性があります。

なので、それ以降は必ずコントローラーを使用するように心がけています。

ツッキーツッキー

次はまとめです。

まとめ

私の勝手な想像ですが、高級なオーディオインターフェイスほど物理ボタンが少なくてソフトウェアでコントロールする感じがします。

ただ、マウスで操作すると何かの拍子にボリュームが急に大きくなったりする事もあるかもしれません。

事故もありましたし、オーディオインターフェイスとスピーカーの間にモニターコントローラーを導入することも考えたりしています。

ただ、モニタースピーカーを購入すると予算もかかりますし、それで完璧に事故が防げるわけだはありませんのでとりあえずはこの「ARC USB」コントローラーを使用して操作します。

事故の予防策としては、操作手順のリストを作成して常に確認しながら作業していきたいと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ