ケンジントン ワイヤレストラックボールのBluetoothペアリング方法。【Mac/Windows10/Kensington/エキスパートマウス】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

前回の動画でレビューしたケンジントンのエキスパートワイヤレストラックボールのBluetoothペアリング方法をみていきたいと思います。

今回の動画は4つの項目です。

Bluetoothペアリング方法の確認、ペアリング方法「Windows編」、「Mac編」、最後にまとめです。

ツッキーツッキー

それではペアリング方法の確認からしていきたいと思います。

Bluetoothペアリング方法の確認

まず取扱説明書を見ながら手順を確認していきます。

Bluetooth接続のページです。

Bluetooth接続手順

A)本体裏面の接続方式のスイッチをBluetooth側に切り替える

B-1)Bluetoothデバイスの管理画面でBluetoothデバイスの検索をする

B-2)トラックボール本体の4つのボタンを同時に3秒間押して「ペアリングモード」にする

C)ペアリング接続をする

ツッキーツッキー

それでは手順に従って、まずは「Windowsパソコン」とペアリングをしてみたいと思います。

Bluetoothペアリング方法「Windows編」

「Windowsの設定」画面を開く

左下の「スタート」をクリックします。

歯車のアイコンから「設定」を選択します。

「Windowsの設定」画面が開きますので「デバイス」という項目をクリックします。

「Bluetooth」がオンになっていることを確認してから「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」と書いてある所の左側の「プラス」をクリックします。

「デバイスを追加する」という黒いページが開きます。

「Bluetooth」という項目をクリックします。

「デバイスを追加する」というページが開きます。

パソコンがデバイスを探し始めます。

トラックボール本体の操作

次にトラックボールの電源が入っていることを確認します。

トラックボール本体の4つのボタンを同時に長押しします。

ボール下のLEDランプが青色に点滅し始めます。

デバイスの追加をする

パソコンの操作に移ります。

少し待つとトラックボールが認識されて、「Expert Wireless TB」と表示されますのでクリックします。

「デバイスの準備が整いました!」と表示されて、使用することが出来る様になりました。

「完了」をクリックします。

ワイヤレストラックボールが接続済みとなっています。

トラックボールを動かすとカーソルが動いています。

これで接続が出来ました。

このあとは「KensingtonWorks」というボタンの細かい設定が出来るドライバーソフトをダウンロードしてインストールをします。

ツッキーツッキー

次は「Mac」について見ていきたいと思います。

Bluetoothペアリング方法「Mac編」

トラックボール本体の接続方式のスイッチがBluetooth側になっているのを確認します。

「システム環境設定」を開く

次にMacの「システム環境設定」を開きます。

「Bluetooth」をクリックします。

トラックボール本体の操作

そうしましたら、トラックボール本体の電源が入っていることを確認します。

トラックボール本体の4つのボタンを同時に長押しします。

ボール下のLEDランプが青色に点滅しました。

デバイスを接続する

Macの「Bluetooth」の欄にワイヤレストラックボールが認識されましたので、「接続」をクリックします。

「接続済み」になりました。

これで接続が完了です。

トラックボールを動かしてみると、カーソルがちゃんと動いています。

このあとは「KensingtonWorks」というボタンの細かい設定が出来るドライバーソフトをダウンロードしてインストールをします。

まとめ

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

前回の動画でもお話ししましたが、ケンジントンのトラックボールは操作性や使い心地について、私は良いものだと思っています。

集中した編集作業などでは、マウスよりも効率的だと思います。

広いモニターでカーソルを動かす範囲が大きい時ほど、マウスよりもトラックボールの方が疲労が少ないです。

ただ、トラックボールが苦手な方が存在するのも事実です。

自分に合ったマウスやトラックボールを探すのも大変だと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ