最近買った8つのSonnoxプラグインのシンプルレビューその1。【DTM/Essential Bundle/Oxford Dynamics/SuprEsser/EQ/Reverb】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

昨年のブラックフライデーで、私にとって初めての「Sonnox」プラグインである「Inflator」を購入して使用してみたところ、すっかりファンになってしまいました。

そして、ニューイヤーセールやサマーセールなどがあった結果、気が付いたら前回の動画からまた1つ追加されて、8つの「Sonnox」プラグインを所有していました。

今後積極的に使用していくつもりですので、整理しておきたいと思います。

プラグインは8つありますので2回に分けて見ていきます。

今回の動画では、基本となるバンドルセットの「Essential Bundle」をみていきたいと思います。

目次です。

「Essential Bundle」とは、「Oxford Dynamics」、「Oxford SuprEsser」、「Oxford EQ」、「Oxford Reverb」、最後にまとめと次回予告です。

ツッキーツッキー

それではパソコンの画面に移行します。

「Essential Bundle」とは

「Sonnox」のプラグインにはお得に購入できるバンドルセットが存在します。

その中で「Essential」という4個セットのプラグインが今年2021年のニューイヤーセールでとても安くなっていたので購入しました。

含まれるプラグインは、ミキシングの基本になる4種類で、「Oxford Dynamics」「Oxford SuprEsser」「Oxford EQ」「Oxford Reverb」です。

平たく言うと「コンプレッサー」「ディエッサー」「イコライザー」「リバーブ」です。

ツッキーツッキー

まず「Oxford Dynamics」からみていきたいと思います。

Oxford Dynamics

「Oxford Dynamics」は、「コンプレッサー」と言いましたが、実はこれ1つでダイナミクスの処理がほとんど賄えます。

ダイナミクス機能の切り替え

プラグインの左下の部分を見てみると分かるのですが、「ゲート」「エキスパンダー」「コンプレッサー」「リミッター」とあります。

これ1つで4つのプラグインの機能があります。

それぞれ「IN」と「ACSESS」をオンにすると下の画像の指で指した部分のパラメーターが切り替わります。

今は「コンプレッサー」の状態です。

ゲート

エキスパンダー

コンプレッサー

リミッター

それぞれで数値を設定することも出来ますし、同時に使うことも出来ます。

さらに、

サイドチェインフィルター

ウォームス

倍音を付加できます。

プリセットと視聴比較

プリセットはこんな感じです。

数は少なめです。

ドラムループに「G Series Emulation」と「Master」のプリセットをかけてみて比較をしてみたいと思います。

動画でチェック

動画内チャプター「Oxford Dynamics」の「02:55」付近より視聴できます。

感想としては、これ1つでかなりお得なプラグインだと思います。

ツッキーツッキー

次は「ディエッサー」を見ていきたいと思います。

Oxford SuprEsser

特徴

「Oxford SuprEsser」は、「ディエッサー」というカテゴリーですが、使用できる周波数帯が「20Hzから20kHz」ですので、ほぼ全帯域に対応している「1バンドのダイナミックEQ」ということになります。

ちなみに「Waves」の「RDEESSER」と比較してみます。

こちらが普通のディエッサーといった感じで「1kHz」から対応となっています。

この帯域の耳障りな高音成分を調節します。

また、「普通のEQ」と「ダイナミックEQ」の違いも簡単に説明します。

「普通のEQ」は、決められた周波数帯を常にブーストもしくはカットをします。

例えば「MF」の「GAIN」を上げると、「1000Hz」を「3.4dB」常にブーストします。

対して、「ダイナミックEQ」は、「スレッショルド」の値を決めて「指定した周波数の音が何dB超えたらカットする」といった動き方をしますので、コンプレッサーのような動きをするイコライザーと言っていいと思います。

よりピンポイントで無駄のないイコライジングが可能です。

(*その分パソコンにかかるプラグインの負荷は大きいです)

視聴

今この「SuprEsser」はアコースティックギターのトラックにインサートしてあります。

動画でチェック

動画内チャプター「Oxford SuprEsser」の「04:44」付近より視聴できます。

現在だと「スレッショルド」の値が高すぎて、「ディエッサー」がかかっていない状態になっています。

少し下げてみます。

「リダクション」が反応し始めました。

この設定で大体「3dB」ぐらい音をリダクションしています。

良い感じだと思います。

ツッキーツッキー

次はイコライザーを見ていきたいと思います。

Oxford EQ

「Oxford EQ」は、とてもオーソドックスなデザインのイコライザーです。

5バンドとローカットとハイカットのフィルターが用意されています。

アナライザー機能

最近のイコライザーはアナライザー機能が付いているものが多いです。

残念ながら「Oxford EQ」の現在のバージョンにそういった機能はありません。

「Waves」の「REQ」や、「fabfilter」の「ProEQ」などはアナライザー機能が付いています。

ツッキーツッキー

次のバージョンで装備されるかもしれませんので期待したいと思います。

Oxford EQの特徴

説明書によると、「Oxford EQ」の特徴的な機能として、4種類のEQタイプを選ぶことが出来ます。

4種類のEQタイプ
TYPE1「SSL4000」タイプ
TYPE2カット時にQが鋭くなるEQ
TYPE3「NEVE」「SSL G」タイプ
TYPE4QがなだらかになるEQ

これらを選択してイコライジング出来ます。

有名なコンソールを選択できますので、意外とアナログライクな動き方をするイコライザーかもしれません。

また、プリセットは用意されていないようです。

ツッキーツッキー

次はリバーブを見ていきたいと思います。

Oxford Reverb

特徴

「Oxford Reverb」は、高品質なリバーブという事で評価が高いプラグインです。

パラメーターやフェーダーがたくさんあって、とっつきにくそうな感じがしますが、落ち着いて一つ一つのパラメーターを見てみると、基本に忠実なパラメーターが並んでいます。

プリセット

プリセットはたくさん用意されています。

それぞれのフォルダにたくさん入っています。

視聴比較

「Hall Full」というプリセットをドラムのループにかけてみました。

センドの量は「0dB」になっています。

通常よりかは多めに送られている状態になっています。

動画でチェック

動画内チャプター「Oxford Reverb」の「08:23」付近より視聴できます。

比較としてよく使う「Waves」の「RREVERB」を出してみたいと思います。

こちらもプリセットで「Hall」を選択しています。

「Oxford Reverb」の第1印象は、すごく良いなと思いました。

派手すぎず、自然でリッチな響きだと感じました。

リバーブというプラグインを触るのが楽しくなりそうです。

ツッキーツッキー

次はまとめと次回予告です。

まとめと次回予告

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

全くの偶然ですが、現在私の持っている「Sonnox」のプラグインは、気が付いてみると「Elite」という7つセットのバンドルと同じ内容になっていました。

今回は「Essential Bundle」というバンドルセットを見てきましたが、次回は単品で購入したプラグインを4つ見ていきたいと思います。

また次回の動画も観て頂けたら嬉しいです。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ