5年以上使用したコンデンサーマイク「AKG C214」のレビューです。 【使い方/DTM/録音比較/アコギ/TLM107/SM58】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、購入してから5年以上になるコンデンサーマイク「AKG C214」をレビューしたいと思います。

使い方や録音比較など、5つの項目に分けてお話していきたいと思います。

まずは内容物の確認をしていきます。

内容物の確認

ツッキーツッキー

内容物の確認をしていきます。

所有感が満たされる立派なハードケースに入っています。

最近のモデルだとロゴデザインの変更があったようです。

AKGは、1947年にオーストリアのウィーンで設立された会社で、マイクやヘッドホン、イヤホンで有名なメーカーです。

内容物です。

内容物

1.説明書類

2.ショックマウントホルダー

3.ウインドスクリーン

4.マイク本体

ツッキーツッキー

次はマイク本体の各部を見ていきたいと思います。

本体各部の確認と仕様

指向性

指向性は単一指向性のみです。

ダイアフラムは、上位モデルのC414 シリーズと同等のものを1枚装備しています。

C214は、C414の廉価版という位置付けのマイクですが、単一指向性のみで問題ないのであれば、こちらを購入した方がコスパはいいです。

私も声やアコギを録音するのが目的でしたので、この「C214」を選びました。

「C414」だと指向性を5つの中から選択して録音できます。

ローカットスイッチ

ローカットスイッチが付いています。

周波数特性を見ると、160Hzから下がカーブを描きながらカットされます。

周波数特性は「20~20,000Hz」です。

SPLは「136/156 dB」でかなり大きな音にも耐えられます。

注、dB SPLは音圧をデシベルで表した単位です。

パッドスイッチ

パッドスイッチも装備していて、「-20dB」に設定する事が出来ます。

サイズと重さ

サイズは160×55mmです。

重さは280gです。

想像よりズッシリした感じがします。

本体全体は金属で高級感があり、安っぽさは一切無いです。

C214のセッティング方法

1)ショックマウントホルダーをマイクスタンドに取り付ける。

2)マイクをセットする。

3)ケーブルを接続する。

4)オーディオインターフェイスに接続する。

5)ファンタム電源をオンにして入力ゲインの調整をする。

6)DAWのモノラルトラックの入力を設定する。

7)「REC」ボタンを押して録音開始する。

ツッキーツッキー

次は録音比較をしてみましたので動画にて聴いてみて下さい。

この記事の一番下で動画は観ることが出来ます。

使用するマイクは、AKG C214、ノイマンのTLM107 、shure sm58です。

録音比較の音声は音量調節のみでエフェクト処理は無しで撮って出しです。

また、この動画の音声は全てダイナミックマイクの「58」で録音しています。

「58」は他のコンデンサーマイクに比べてホワイトノイズが多いので、DAWでノイズ除去、イコライザー、コンプ処理をしています。

この処理の仕方についても別の動画で出したいと思っていますのでまた参考にして下さい。

録音比較

動画でチェック

チャプター「05:08 複数マイクによる録音比較」にて音を確認出来ます。

声(男性)

声(女性)

アコースティックギター(アルペジオ、ストローク)

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

C214は、本体サイズや重さがとても丁度良く、部屋の中で取り回しがしやすいマイクです。

ここまでアップした動画のほぼ全ての音声はこのマイクで録音しています。

録音できる音のクオリティは高いです。このマイクを持っていれば、歌やナレーション、どんな楽器でもいい音で録音出ると思います。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ