ナレーションに入るホワイトノイズの除去とEQ、コンプ処理の動画【SM58/C214/H1n/カメラ内蔵マイク/ホワイトノイズ/DTM/Waves/Studio One】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

前回の動画でも触れていた、ナレーション録音でのノイズ除去とイコライザー、コンプレッサー処理について、DAWで私が行っている操作について動画にしてみました。

今回の動画で主に使用するプラグインは「Waves」の「X-Noize」です。

「DAW」は「Studio One」です。

音の処理の仕方は、人によって様々な方法があると思いますので、今回私が行っている方法も、ひとつの参考程度として見て頂ければと思います。

今回の動画では、5つの項目でお話ししていきます。

ツッキーツッキー

まずは録音したままの状態だとどんな音になっているかを確認します。

ノイズの確認

録音してそのままの状態のナレーションです。

動画でチェック

動画内のチャプター「00:40 ノイズの確認」で音を聴く事ができます。

動画内での確認事項
  1. SHURE SM58で録音したナレーションの音
  2. AKG C214で録音したナレーションの音
  3. ZOOM H1nで録音したナレーションの音
  4. カメラ「α6600」の内臓マイクで録音したナレーションの音

「58」はダイナミックマイクで「C214」はコンデンサーマイクです

根本的に違うシステムのマイクですので録音結果が違ってくるのは当然です。

コンデンサーマイクで録音した場合のホワイトノイズは許容範囲だと思いますので特にノイズ処理はしないです。

「58」で録音した音はノイズ処理をしたくなります。

また、カメラで録音した音声はかなりの量のホワイトノイズがあります。

どこまで消せるか挑戦してみたいと思います。

ツッキーツッキー

次は私がノイズ処理に使用するプラグインを見ていきたいと思います。

ノイズ処理に使うプラグイン

私がノイズ処理に使用しているプラグインはWaves社の「X-Noise」を使用する事が多いです。

他に「Z-Noise」という上位版のプラグインも持っていますが、設定するパラメータが多くなって複雑になりますので「X-Noise」をよく使用しています。

ちなみに、iZotope社の「RX7」の中の「Spectral De-noise」というプラグインでも同じ事が出来ます。

操作するパラメーターはどちらもほぼ同じです。

ツッキーツッキー

それでは、実際に処理をしてみたいと思います。

ホワイトノイズを消す。

シンプルに3つだけ操作します。

操作する3つのパラメーター

1.Learn(ラーン)

2.Reduction(リダクション)

3.Thresh(スレッショルド)

「Learn」

まず「Learn」ボタンを使用します。

このボタンを使って、プラグインに消したいノイズを覚えさせます。

DAWの音声クリップでセリフが無くてノイズだけの部分を指定し、「Learn」をオンにした状態で再生します。

そうしますと、ノイズの周波数をプラグインが覚えます。

「Reduction」

次に、リダクションをみていきます。

どのくらいの強さでノイズを除去するのか設定します。

この数値を大きくするとノイズを消す力が強くなりますが、その代わりにナレーションの声も変化してきます。

私はほとんどの場合真ん中の「50」に設定し、場合によって微調整しています。

「Thresh」

次にスレッショルドを操作します。

ノイズ除去が作動する音量レベルを設定します。

これも強く設定するとたくさんノイズ除去をしてくれますが、声も変化してきます。

ですので、声が変化し始める所と、ノイズが消えてくれる丁度いい場所を、スライダーを動かしながら探っていきます。

ちなみに、「リダクションの数値を先に決めてしまった方がスレッショルドの数値も決めやすい」と思います。

この3つの操作でノイズをある程度消しきれない場合は「ダイナミクス」も多少いじったりはしますが、私はもうこれ以上ノイズを消せないと思って諦めます。

ツッキーツッキー

それでは実際に音を流しながら操作をしてみます。

ここでは、「SM58」とカメラの「α6600」の内臓マイクで録音した音のホワイトノイズを実際に処理しています。

動画でチェック

チャプター「06:00 SHURE SM58 編」「08:19 α6600 内臓マイク 編」にてノイズ処理の様子を確認できます。

イコライザーとコンプレッサー

「X-Noise」を使用して、出来る限りノイズを除去した後、イコライザーとコンプレッサーを掛けます。

ここでは「studio one」というDAWに付属するイコライザーとコンプレッサーを使用しています。

イコライザー

まずイコライザーについてですが、不要な低域成分をカットするローカットと、ノイズ除去によって失われた高域成分を少しだけ持ち上げる処理をしています。

1kHzより上を2dbブーストしています。

コンプレッサー

次にコンプレッサーを掛けます。

これは音量のばらつきを抑えて聴きやすくする為に行います。

ナレーションの場合、そんなに音の強弱はありませんのでコンプレッサーは軽めに掛けています。

大体「4dB」くらいを中心に、最大で「6dB」くらいリダクションする感じにしています。

ちなみに、初心者の方向けのコンプレッサーの使い方動画は今後また用意する予定です。

普段はこの後FXバスを作り、「リバーブ(残響系プラグイン)」を少しだけ掛けます。

その後、マスタートラックにてコンプレッサーを凄く薄く掛け、

リミッターで最終的決めている音量に調整して書き出します。

私の場合は動画編集時の音量のヘッドルームを「-12dB」に決めていますのでそこに合わせます。

また、「H1n」と「α6600」の内臓マイクはステレオで録音されます。

特に今回の録音結果では「α6600」の内臓マイクは、口とカメラの位置関係で少し真ん中よりズレた感じで録音されています。

それを解消する為に「Dual Pan」というプラグインを使いモノラルになる処理をしています。

処理前の音と処理後の音の比較

ツッキーツッキー

この後、動画では処理前の音と処理後の音を比較しています。

是非、動画で確認してみて下さい。

動画でチェック

チャプター「14:44 ノイズ、EQ、コンプ処理前と処理後の比較」にて音を聴く事が出来ます。

如何でしょうか。

音量や音質のバランスが良くなって聴き取りやすくなっていると思います。

また、必要のないブレスや、クチャクチャした唾の音は私の場合は動画編集中にカットしています。

まとめと次回予告

ツッキーツッキー

録音した音声にノイズが混じっている場合、私はこんな感じで処理しています。

「X-Noise」でノイズ除去のあと、イコライザー、コンプレッサー、と掛けていき音質と音量の調整をします。

動画で流すナレーションの場合は、画像やBGMも加わりますので、あまりシビアに追い込む必要はないのかなと私は思っています。

ノイズの除去はどんな高価で優秀なソフトを使用しても「ノイズだけ100%取り除く事は不可能」です。

やりすぎると肝心なナレーション自体が聴きづらくなりますので、そこは理解しつつ作業する必要があります。

次回は、DTM初心者の方向けにコンプレッサーについての動画を作ってみたいと思っています。

また動画やブログを見に来て頂けたら嬉しいです。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ