マイクとの距離どうでしょう?【SHURE SM58】のグリルボール交換と近接効果の検証【レビュー/録音比較/DTM/ダイナミックマイク】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、不注意で落下させて凹ませてしまったグリルボールの交換と、あまりにも有名なこのマイク「SHURE SM58、通称ゴッパー」についてレビューをしていきたいと思います。

また、近接効果をテーマにして、マイクからの距離を変えて声や歌をサンプル録音してみました。

そして、今日の動画の音声は冒頭から「58」で録音しています。

私は「58」を2本持っていますので一本は対面にセットしています。

今、マイクから口までの距離はだいたい60cmくらいです。

いつもはコンデンサーマイクのAKG C214を使用していますので、今回どんな音で録音されているのか楽しみです。

目次です。

今回の動画では5つの項目に分けてレビューや録音サンプルを公開していきます。

ツッキーツッキー

それでは、まずグリルボールの交換をしていきたいと思います。

グリルボールの交換

凹んでしまったグリルボールを交換していきます。

型番は「RK143G」です。

開封

パッケージのオモテ面です。

パッケージ裏面です。

開封します。

ハサミでカットしていきます。

動画では編集でカットしていますが、なかなか取り出すのは大変で時間がかかりました。

かなりしっかりした梱包がされています。

無事に取り出せました。

グリルボール交換

次に凹んだグリルボールを取り外します。

グリルボールをクルクル回せば取れます。

取れました。

カプセル部分は楽器用の「SM57」と同じらしいです。

新しいグリルボールを装着します。

交換完了です。

SM58について

ツッキーツッキー

SM58の仕様についてのお話しです。

名前の由来

このマイクの名前についているSMはスタジオマイクロフォンの略です。

1966年に発売されてから50年以上使用され続けているマイクです。

マイクの種類

ダイナミックマイクです。

特徴として、高い温度や湿度にも強く、頑丈で、大音量にも対応可能です。

指向性

単一指向性(カーディオイド)です。

グリルボール

グリルボールにはポップフィルターを内蔵し、ウインドウノイズやブレスノイズを低減します。

周波数特性

周波数特性は50Hz~15,000Hzです。

コネクター

コネクターはXLR端子です。

付属品

製品には、ケースとボーカルスタンド用のホルダーが付属します。

近接効果

近接効果とは、単一指向性のマイクに音源が近づくにつれて、低音が強調されていく現象の事を指します。

100Hz以下で6dBから10dBまで音が強調されます。

SM58では、100Hzの音域の感度を落とす「ロールオフ」調整が施されていて近接効果を補正しています。

そして、低音を響かせたいならマイクに近い位置、低音を抑えてスッキリした音声にしたい場合はマイクを少し離します。

その距離は録音したりして自分の好みで調整すると良いと思います。

録音サンプル

実際にマイクからの距離を変えてサンプルを録音してみました。

録音したのは、声と歌とアコースティックギターです。マイクの入力ゲインは距離に応じて変えています。

これは是非動画でご覧ください。

ヘッドホン推奨です。

動画でチェック

チャプター「04:47 サンプル録音」より聴く事が出来ます。

声(男性)

マイクからの距離

  1. 1cm
  2. 10cm
  3. 15cm
  4. 20cm

声(女性)

マイクからの距離

  1. 1cm
  2. 10cm
  3. 15cm
  4. 20cm

歌(女性)

マイクからの距離

  1. 1cm
  2. 5cm
  3. 10cm

アコースティックギター

マイクからの距離

  1. 5cm
  2. 15cm
  3. 30cm
  4. 50cm

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

歴史も長く、ボーカルマイクのスタンダードとも言えるSHURE SM58です。

高い信頼性と耐久性を兼ね備え、マイクとの丁度良い距離を見つけられれば凄く機能するマイクだと思います。

また、SM58に限らず自分のベストなマイクの距離を知っておくのも重要だと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ