カメラ初心者が【SONY α6600】を購入した理由と開封レビュー【デジタル一眼カメラ/ミラーレス/APS-C】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは。ツキシマです。

今回、メインの撮影機材として使用するために「Sony α6600」を購入しました。

私自身は、今までデジカメで設定オートでしか撮影した事のないカメラ初心者です。

動画撮影をするようになり、画質の向上を目指してもっとカメラを勉強したいと思い奮発しました。

今回の動画の目次です。

5つの項目に分けて開封や購入した理由などを話していきたいと思います。

ツッキーツッキー

それでは開封をしていきます。

開封とガラスフィルム貼り付け

ツッキーツッキー

開封と、液晶モニターにガラスフィルムを貼り付けしていきたいと思います。

本体開封

箱を開けるとまず保証書や説明書類が入っています。

その下はこんな感じに商品が詰まっています。

先にガラスフィルムを貼り付けたいので、カメラボディを取り出します。

カメラは不織布の袋に包まれています。

液晶面に触らないように取り出します。

ガラスフィルム貼り付け

ガラスフィルムを用意して、、、

そーっと貼り付けます。

なんとか上手に貼れました!

付属品

続いて付属品を取り出していきます。

全部取り出せました。

別に購入したアイテムもあり机がいっぱいです。

内容物と購入したアクセサリー

ツッキーツッキー

内容物と購入したアクセサリーを見ていきます。

「Sony α6600」の内容物

  • カメラ本体
  • バッテリーパック
  • ACアダプター
  • ショルダーストラップ
  • ボディーキャップ
  • アクセサリーシューカップ
  • アイピースカップ
  • マイクロUSBケーブル
  • 取扱説明書と保証書

購入したアクセサリー

  • 純正バッテリーチャージャー
  • 液晶保護ガラス
  • ハンドストラップ

カメラ各部の確認

カメラ本体を見ていきたいと思います。

α6600はAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラで、このタイプの中では最上位モデルです。

フルサイズのカメラより小さく、コンデジより大きいサイズのカメラです。

いきなりフルサイズのカメラを購入するより、丁度いいサイズのカメラだと思いました。

本体はマグネシウムボディーで高級感があり、他の6000シリーズよりグリップ部分が大きいです。

バッテリーの容量が大きいタイプのものが搭載された為です。

そのおかげで手に持った時にホールド感が増して持ちやすくなっています。

フラッシュは搭載されていませんので、使う場合は別途購入が必要になります。

左側面にはマイクロHDMI端子、マイクロUSB端子、外部マイク端子、イヤホン端子があります。

背面、チルト液晶搭載で自撮りにも対応。

ボタンの配置はソニーのカメラは大体同じですので、RX100で慣れている私には安心感があります。

底面には三脚穴と、バッテリーとメモリーカードを入れがあります。

カメラ初心者がα6600を選んだ理由

カメラ初心者がα6600を選んだ理由
  1. カメラやレンズを理解したかった
  2. 世界最速のオートフォーカス性能
  3. 180度チルト液晶とタッチパネル搭載
  4. レンズの交換が出来る
  5. 30分の録画制限が無くなった
  6. バッテリーが大容量

理由1

1.カメラやレンズを理解したかった

動画撮影をするようになって、急にカメラが身近になり興味が湧いてきました。

今は少しだけ理解している程度ですが、f値や焦点距離など、カメラやレンズをもっと理解して使いこなしてみたくなりました。

理由2

2.世界最速のオートフォーカス性能

今までコンデジのRX100M4をメインに使用して動画を撮影してきましたが、ピントがなかなか合わず苦労していました。

モニターもタッチパネルではなかったです。

α6600のオートフォーカス機能に期待しています。

パナソニックのGHシリーズも検討していましたが、ピントが合うのに時間がかかるというレビューが多かったのでα6600に決めました。

理由3

3.180度チルト液晶とタッチパネル搭載

実はカメラを選んでいる時に、フルサイズカメラのα7も検討していました。

ですが、自撮りに対応していなかったのでα6600を選びました。

理由4

4.レンズの交換が出来る

レンズを交換出来るというのも、今回ミラーレスのカメラに決めた理由の1つです。

実は最初、RX100M4をタッチパネルを搭載しているRX100M7への買い替えを検討していました。

しかし、ズームが強化された代わりにF値の大きいレンズに変更になってしまいました。

つまり暗いレンズです。

室内が撮影場所の自分には向かないと思いました。

理由5

5.30分の録画制限が無くなった

録画時間制限について、実際自分の撮影スタイルだと30分以上長回しする事はほぼないのですが、制限が無いのは安心出来ます。

理由6

6.バッテリーが大容量

バッテリーが大容量なのも安心です。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

私が使うにはだいぶオーバースペックな気もしますが、これから勉強してどこまで使いこなしていけるのか楽しみです。

ピクチャープロファイルも覚えてみたいです。

今回、撮影機材を一新する事にしましたので、レンズともう一台カメラを購入しました。

これからカメラ系の開封レビューが続くと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ