【開封レビュー】贅沢すぎるサブカメラ!【SONY α6100】を購入。【デジタル一眼カメラ/ミラーレス/APS-C/カメラ初心者】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

撮影機材を見直した結果、新しく購入した2台目のカメラは「Sony α6100」です。

今回の動画の目次です。

7つの項目に分けて開封や購入理由、比較等をしてみたいと思います。

ツッキーツッキー

それでは、開封をしてガラスフィルムを貼り付けていきます。

開封とガラスフィルム貼り付け

本体開封

「α6600」の時と同じで箱を開けるとまず保証書や説明書類が入っています。

その下にカメラや付属品が詰まっています。

先にガラスフィルムを貼り付けたいので、カメラボディを取り出します。

カメラは不織布の袋に包まれています。

液晶面に触らないようにカメラを取り出しました。

ガラスフィルム貼り付け

購入しておいた液晶保護ガラスフィルムを取り出します。

カメラの液晶面にホコリが見えたのでクロスでポンポンしています。思えばこれが失敗の元でした。

フィルムの保護シートを剥がして、、、

いざ貼り付けるんですが、、、

画像にある通り、ホコリが入り酷いことになります、、、

実はフィルムの方にもホコリがあり、気になって貼り付け前のフィルムのノリを触ってしまったんです。

動画を撮影していたこともあり、一応貼り付けてみたのですが、、、

もう取り返しがつかない状態になっていました。

付属品

箱から付属品を取り出していきます。

全部並べてみました。

内容物と購入したアクセサリー

ツッキーツッキー

内容物と購入したアクセサリーを見ていきます。

「SONY α6100」の内容物

  • カメラ本体
  • バッテリーパック
  • ACアダプター
  • ショルダーストラップ
  • ボディーキャップ
  • アイピースカップ
  • マイクロUSBケーブル
  • 取扱説明書と保証書

購入したアクセサリー

  • 純正バッテリーチャージャー
  • シューキャップ
  • 液晶保護ガラス
  • ハンドストラップ

カメラ各部の確認とスペック

カメラ各部

ツッキーツッキー

カメラ本体を見ていきたいと思います。

「α6100」は「α6000シリーズ」においてエントリーモデルという位置付けですが、静止画を撮る時は「高速オートフォーカス」や「リアルタイム瞳オートフォーカス」「リアルタイムトラッキング」等、オートフォーカス機能は上位機種と同じ機能が搭載されています。

ボディ内手ぶれ補正はありませんが、私は基本的に手持ち撮影をしませんので特に問題は無いと思いました。

センサーサイズはAPS-Cです。

グリップ部分は「α6600」と比べると小さいです。

これはバッテリーのサイズが小さいからだと思います。

軽くてコンパクトなので、使用するレンズのサイズにもよりますが、外に持ち出すなら「α6100」の方かもしれません。

内臓フラッシュが搭載されています。

左側面には「マイクロHDMI端子」「マイクロUSB端子」「外部マイク端子」があります。

背面はチルト液晶搭載で自撮りにも対応しています。

底面には三脚穴とバッテリーとメモリーカードを入れる場所があります。

スペックの確認

スペックを簡単に見ていきたいと思います。

  • APS-Cサイズ 2420万画素
  • ISO 100-32000
  • 1秒間に11コマの連写が可能
  • 425点 位相差AF
  • リアルタイム瞳AF
  • リアルタイムトラッキング
  • サイレント撮影
  • タッチフォーカス

カメラ初心者がα6100を購入した理由

購入した理由
  1. 動画撮影する際にカメラは2台必要になる
  2. 上位機種とほぼ同じオートフォーカス性能がある
  3. 180度チルト液晶とタッチパネル搭載
  4. 30分の録画制限が無い

理由1

動画撮影する際に私の場合はカメラが2台必要になりました。

開封シーンやブツ撮りシーン等があったり、アングルを変えて同時に撮影したりすると、なんだかんだで2台は必要になります。

理由2

今回撮影機材を一新するのに1番重要視したのがオートフォーカス機能です。

SONYのカメラが1番優れていると思いました。「動体予測とフォーカスロック」

理由3

動画撮影が使用用途のメインなので、液晶が自分の方に向くのはマストです。

タッチパネルとタッチトラッキング機能を使いこなしたいです。

理由4

30分の録画制限が無いというのも大きいです。

今まではビデオカメラのFDR-AX45をサブカメラとして使用していました。

録画時間の制限が無くなった事でより細かく設定出来るミラーレスカメラの方がいいかなと思い買い換えた感じです。

一眼カメラはレンズを交換出来るのも良いと思いました。

外観比較(α6100/α6600)

ツッキーツッキー

α6100とα6600の外観を比較してみたいと思います。

正面から見た感じはそんなに変わりありません。

上部から見るとグリップの大きさにだいぶ違いがあります。

シャッターボタンのサイズも「α6600」の方が大きいです。

カスタムボタンは「α6100」は上部に1つ。

「α6600」は2つあります。

「α6100」はシューキャップが別売りです。

剥き出しは抵抗がありましたので純正品を購入して取り付けました。

ファインダー性能の違いです。

重さの違いです。

機能比較(α6100/α6600)

私が気になる「α6600」と「α6100」の機能で大きな違いです。

言ってしまうと、残念ながら「α6100」にはない機能です。

機能比較
  1. アンチダスト機能
  2. ピクチャープロファイル
  3. 動画における瞳オートフォーカス
  4. 質感

アンチダスト機能

アンチダスト機能はセンサー部分のホコリやゴミを振るい落とす機能です。

ピクチャープロファイル

ピクチャープロファイルは撮影した動画の色味を調節出来る機能です。

使いこなせばシネマチックなカッコイイ感じに出来ます。

「α6100」だとその機能はありません。

「α6600」と「RX100m4」にはついているのでいずれ覚えたいです。

動画における瞳オートフォーカス

静止画だと瞳オートフォーカス等の機能が使えますが動画だと使えません。

「α6600」は動画撮影でもオートフォーカス機能はフルに使えます。

質感

全然気になる程では無いのですが、両方並べてみると質感がちょっとちがいます。

やはり「α6600」の方が高級感があります。

「α6100」の方はプラスチック感があり、グリップ部分を持ってみると、重さもだいぶ違う感じがします。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

正直サブのカメラにしてしまうのはもったいないカメラです。

「α6600」はカメラ初心者の自分にはスペックが高すぎるので、こちらの「α6100」の方が可愛くて触る機会が多くなるかもしれません。

静止画のちゃんとした撮影方法も覚えていきたいです。

また、それぞれのカメラ用にレンズを2本購入しましたが、性能の違うレンズを2本購入しました。

撮影対象によってはこの「α6100」がメイン機となって撮影する事もあると思います。

次回は購入したレンズをレビューしていきたいと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ