【開封レビュー】iPad Pro 12.9インチ 2020年モデルを購入しました。【Apple/第4世代/比較/フィルム】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

iPad Pro12.9インチ 第4世代2020年モデルを購入しました。

今までは第1世代のiPad Pro12.9インチモデルを約3年間していて今回買い替えた形です。

今回の動画では、5つの項目に分けて購入した理由や、第1世代との比較をしてみました。

ツッキーツッキー

それでは開封をしてガラスフィルムを貼り付けたいと思います。

開封とガラスフィルム貼付け

開封

ペリペリを剥がしていきます。

最近はカッターが無くても開封できます。

ご開帳です。

箱がなかなか開かずに苦労しました。

ガラスフィルムを貼るために本体だけ取り出します。

ガラスフィルム貼り付け

「ESR」社のガラスフィルムを購入しました。

開封。

ガイド枠付きです。

おかげで正確にズレる事がなくフィルムを貼付ける事ができます。

ガラスフィルムです。

流石に大きいですね。

それでは息を止めてソーッとiPadのフィルムを剥がします。

枠をセットします。

ガイド枠を装着できました。

エアダスターで埃を飛ばします。

枠に沿ってガラスフィルムを貼り付けていきます。

なんとか綺麗に貼り付けできました!

ツッキーツッキー

次はゆっくりと内容物と購入したアクセサリーをみていきたいと思います

内容物と購入したアクセサリー

iPadの内容物

内容物
  • iPad Pro 本体
  • 説明書類
  • USB-C 充電ケーブル
  • 18W USB-C電源アダプタ

購入したアクセサリー

購入したアクセサリー
  • 液晶保護ガラス
  • 本体用ケース
  • イヤホンアダプター

本体各部の確認と比較

ツッキーツッキー

第1世代と比較をしつつ本体各部を見ていきたいと思います。

主な性能比較

第4世代第1世代
CPUA12Z 8コアA9Z 2コア
メモリー6GB4GB
ストレージ128GB128GB

サイズ比較

第4世代第1世代
約28cm約30.5cm
約21.5cm約22cm
厚み約6mm約7mm

カメラと端子類

その他、ホームボタンとイヤホンジャックが無くなり、ライトニング端子がUSB-C端子に変更されています。

12.9インチのiPad Proを使う理由

私が12.9インチのiPad Proを使う理由は、音楽制作時にPro toolsやstudio oneのアプリをよく使う為です。

下の画像はstudio oneをコントロールできるアプリです。

フィジカルコントローラーとしてフェーダーを操作したりプラグインのパラメータを操作できます。

11インチモデルだとちょっと小さくてやりづらく、12.9インチの大きい画面の方が断然操作しやすいです。

また、ごろ寝してネット閲覧したりする時も、重さは感じますが大きい画面は見易いです。

動画の台本もiPadで作るのですが、大きい画面の方が表示されるキーボードも使いやすいです。

12.9インチのiPad Proは高価ですが、フィジカルコントローラーとして使用したり、ネット閲覧、動画の台本やメモを使用したりと、1日中私の手元にあるツールです。

コストパフォーマンスを考えるとむしろ安いのではないかと思います。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

第4世代のiPad Proは第1世代よりサイズが少しコンパクトになり、重量も軽くになったのが嬉しいです。

イヤホンジャックが無くなったのは残念ですが、アダプターを購入したのでしばらくはこれで凌ぎたいと思います。

ツッキーツッキー

それでは最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「TouTube」へ