プリセットを利用して「3ステップ」でコンプレッサーを掛ける方法【DTM/コンプレッサー初心者/Studio One/使い方】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

コンプレッサーを使いたいけれど、パラメーターが多くてどこから手を付ければいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

もちろん私も最初はそうでした。

分からない中で試行錯誤して気が付いたのは、コンプレッサーに付いているプリセットを利用してみる方法です。

大体どのコンプレッサーにもドラムやギター、ボーカル用にプリセットが用意されています。

「コンプレッサーを理解する最初の一歩として、プリセットを利用してはどうでしょう。」

と思い今回の動画を作ってみました。その際に必要となる手順は3つだけです。

動画の目次です。

今回の動画では、6つの項目に分けてお話しをしていきたいと思います。

それではまず、必要な3つの手順についてお話します。

また、動画の中で使用するDAWは「Studio One」と、それに付属するコンプレッサーです。

必要な3ステップ

プリセットを利用してコンプレッサーを掛けるのに必要な3つの手順です。

必要な3ステップ

1)プリセットを選ぶ

2)スレッショルドの値を決める

3)アウトプットゲインを設定する

この3つのステップを理解して音源に合わせれば、とりあえずコンプレッサーを掛ける事が出来ます。

ツッキーツッキー

それでは、DAWの画面でプリセットを選ぶという最初のステップを行なっていきたいと思います。

step1

step1「プリセットを選ぶ」です。

音源を用意してトラックに並べてみました。

赤い枠で囲っているドラムのキックの音を使用していきたいと思います。

キックのトラックのコンプレッサーを開きます。

プリセットの欄からドラムのキックを選んでいきます。BDはバスドラムの事でキックと同じ意味です。

Rock1」と「Rock2」がありますので聴き比べてみます。

動画でチェック

動画内のチャプター「01:32 プリセットを選ぶ」にて音を聴く事ができます。

私はどちらかというと「Rock2」方が好みの音ですのでこちらに決定します。

これで「step1」は完了です。

ツッキーツッキー

続いて「step2」の「スレッショルドの値を決める」に移行します。

step2

step2です。

ここでは「スレッショルド」という値を決めます。

「しきい値」とも呼ばれます。

ざっくり言うと、スレッショルドという値を操作する事で、コンプレッサーのかかり具合、強く掛けるのか弱く掛けるのかを決めます。

プラグイン上で見ると、下の図のツマミになります。

この数値を動かします。

右に回すと、掛かり方が弱くなります。

左に回すと掛かり方が強くなります。

また、どの程度音をコンプレッションしているか視覚的に判断することもできます。

それは「ゲインリダクション」と言うメーターを確認することです。

「Studio One」のコンプレッサーだと下の図の赤枠部分に表示されています。

「ゲインリダクション」と言う表記はないのですが、間違いなくここです。

ここで音を再生してみます。

動画でチェック

チャプター「03:08 スレッショルドの値を決める」で実際に音を聴く事ができます。

再生してみると、バーが動いてその隣に「-4.60dB」と表示されます。

これはつまり、スレッショルドの値を超えた音を「4.60dB」コンプレッションしているという事を表しています。

ツッキーツッキー

次に、キックの音を再生しながら「スレッショルド」の値を大きく左右に振っています。

どのような結果になるかは動画にて確認してみて下さい。

スレッショルドの値を最終的にどうするのかは楽曲のジャンルや製作者の好みですので、後は耳で判断して決めて下さい。

私は「6dB」前後にコンプレッションするのが自然な音で好みですので、この音源の場合はこのプリセットの設定で良いと思いました。

ツッキーツッキー

次は、アウトプットゲインの設定です。

step3

step3「アウトプットゲインの設定」です。

コンプレッサーというプラグインは、音の大きい部分を設定した値(スレッショルド値)でコンプレッションします

そして、音を潰せばその分だけ音源の音量は下がります。

下がったままだと都合が悪いので、アウトプットゲインを調整して音量感を戻します。

そうすることによって、量の大きかった部分が潰されて、音量の小さかった部分が持ち上がってきます。

結果的に音量の大きい部分と小さい部分の差が縮まり、バランスが取れて聴きやすくなるといった仕組みになっています。

実際にアウトプットゲインの調整ですが、このプラグインだと「Gain」と書いてあるここのツマミで調整します。

また、プラグインによってなのですが、「Auto」というボタンが用意されている場合があります。

これは、アウトプットの音量をプラグインが自動で判断してを決めてくれる便利なボタンです。

初心者の方はこれを押してしまいましょう。

ただ、全てのプラブインでオートのボタンは付いていませんので、無い場合は自力で調整します。

プラグインをオンにしたりオフにしたり、、、

インプットとアウトプットの音量のバーがありますので、これらを活用しながら音量感を整えます。

ツッキーツッキー

以上3つのステップで、プリセットを利用してコンプレッサーを掛ける事が出来ます。

私がDTMを始めたての頃もプリセットを一生懸命選択しました。

しかし、スレッショルドの事をよく分かっていなかったので、トラックにコンプレッサーを挿入してはいるものの「全然掛かっていない」もしくは「掛かり過ぎ」という残念な事がよくありました。

この「Studio One」のコンプレッサーには、ギターやベースなど、一通りの楽器に対するプリセットが用意されています。

それぞれの楽器に当てはまるプリセットを選択してみると良いと思います。

プリセットに慣れてきたら次にする事

プリセットに慣れてきましたら、「アタック」と「リリース」の値を見て下さい。

今回はざっくりとした説明になるのですが、アタックを左に回すと早いタイミングでコンプレッサーが動作し始めます。

リリースは、どのタイミングでコンプレッションを止めるかを決めます。

早いタイミングで止めるか、遅いタイミングで止めるかです。

それにより、同じスレッショルド値に設定していたとしても音が変わってきます。

これに関しては複雑な話になりますので、また別の動画でお話ししたいと思います。

ただ、プリセットに慣れましたら、ここの値をなんとなくみておくとコンプレッサーをより理解できると思います。

ツッキーツッキー

例えば、今回使用した「Rock1」と「Rock2」のプリセットでアタックとリリースはどうなっているのか、またそれによって音はどう違うのか考えてみると面白いと思います。

ちなみに「Rock1」はアタックは早め、リリースはちょい遅めです。

「Rock2」はアタック、リリースとも遅めに設定されています。

これは、「Rock1」だと、キックの音の始めから終わりまでコンプレッションしてる感じの設定です。

「Rock2」はキックのアタック部分は原音のまま残して、後半の減衰していく部分を持ち上げて存在感を増していく感じの設定です。

この辺を理解していけば自在にコンプレッサーを使いこなせると思います。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

おさらいになりますが、今回はとりあえず3つ理解して試してみて下さい。

必要な3ステップ

1)プリセットを選ぶ

2)スレッショルドの値を決める

3)アウトプットゲインを設定する

楽曲のミックスにおいて、ダイナミクスコントロールがうまくいかないと、

音数が増えてきた時にまとまりがなくなって最終的な音圧が稼げなくなるというのが私の経験です。

今回の内容を参考にして頂いて、コンプレッサーの苦手意識をなくしてもらえれば嬉しいです。

ツッキーツッキー

それでは最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ