Windows PCで使えるMicrosoft Xboxコントローラーのレビュー【Bluetooth/ペアリング/有線接続/比較】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは。ツキシマです。

今回は、Windows PCで有線、無線を選んで使えるXboxコントローラーをレビューしていきたいと思います。

動画の目次です。

今回の動画では5つの項目に分けてお話ししていきます。

ツッキーツッキー

それではパッケージと内容物から見ていきたいと思います。

内容物の確認

ツッキーツッキー

パッケージです。

開封します。

コントローラーが正面に入っています。

その下に書類とケーブルが入っています。

内容物
  • コントローラー本体
  • USBケーブル(約2.75m
  • スタートガイド
  • 規定及び保証ガイド

コントローラー各部の確認

ツッキーツッキー

コントローラー本体の各部を見ていきたいと思います。

「A」「B」ボタン

「A」「B」ボタンがよく見る他社のコントローラーと逆になっています。

Xboxボタン

中央の「Xboxボタン」は「bluetooth」で接続する時に押します。

接続解除はこのボタンではできないようです。

ペアリングボタン

ペアリングする時に押します。(初回設定時のみ)

3.5mmイヤホンジャック

ヘッドセットを接続可能です。

ただし、使用できるのはUSBケーブル接続時のみです。

ワイヤレスで使用したい場合は、専用のレシーバーを使用した時のみ使用可能だそうです。

私は専用のレシーバーを持っていませんので未確認ですが、ワイヤレスだと遅延が発生する可能性もあると思います。

電池ボックス

無線で使用する場合は電池を使用します。

重さ比較

3つのコントローラーの重さの比較です。

比較したコントローラー
  • Xboxコントローラー
  • ニンテンドースイッチProコントローラー
  • ホリパッド 

測定結果です。

測定結果
XBoxコントローラー(電池あり)232g
XBoxコントローラー(電池なし)284g
Proコントローラー247g
ホリパッド258g

設定方法(有線と無線)

ツッキーツッキー

パソコンに実際に接続してみたいと思います。

有線接続

付属のUSBケーブルを使用して接続します。

ポイント

有線で接続する場合はパソコンから給電出来ますので電池は不要です。

まずUSBケーブルをコントローラー本体に接続します。

パソコンにUSBケーブルを接続。

Xboxボタンが光れば認識完了です。

基本的に接続すれば認識されて使用できます。

ヘッドセットも接続可能です。

3.5mのイヤホンジャックに接続します。

これでコントローラーと、さらにヘッドセットも使用する事が出来ます。

bluetooth接続

無線接続をします。

ポイント

bluetoothで無線接続する場合は電池が必要になります。

電池を入れます。

次にパソコンで「Windowsスタート」→「設定」→「デバイス」を選択。

「Bluetoothとその他のデバイス」を選択した後、「デバイスを追加する」の「+」をクリック。

一番上の「Bluetooth」の欄を選択します。

Xboxコントローラーの「Xboxボタン」を押します。

次にペアリングボタンを押します。

「Xbox Wireless Controller」が検出されますのでこれをクリックして設定が完了します。

次に、コントローラーがちゃんと機能しているか見てみます。

「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」を開きます。

「デバイスとプリンターの表示」をクリックします。

接続中のコントローラーが表示されますので、「プロパティ」をクリックします。

ボタンの反応等をここでチェックできます。

良かった点と気になった点

良かった点

良かった点
  1. 持ちやすい
  2. 接続方法を選択可能
  3. ヘッドセットを使用可能
  4. スムーズな接続

気になった点

気になった点
  1. 電池を入れると重くなる
  2. ボタンの音が大きい
  3. ボタンが遠い
  4. トリガーボタンが大きい

動画でチェック

詳細は動画内のチャプター「06:23 良かった点と気になる点」で確認出来ます。

気になる点は、「proコントローラー」「ホリパッド」と比較してみた感じです。

ボタンに関しては馴染んでくれば気にならなくなるのではないかと思います。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

耐久性や品質は良いコントローラーだと思います。

価格は多少しますが、気持ち良くゲームを楽しむなら買って損は無いと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ