【開封レビュー】定番モニターヘッドホン「AKG K240MK2」セミオープン型を購入した4つの理由。【DTM/スタジオヘッドフォン】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

定番のモニターヘッドホン「AKG K240MK2」を購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。

動画の目次です。

今回の動画では、開封や購入した理由を4つの項目でお話していきます。

ツッキーツッキー

それでは開封していきたいと思います。

開封

ツッキーツッキー

それでは開封していきます。

パッケージを開けるとこんな感じで入っています。

ヘッドホン本体を取り出します。

交換できるベロアタイプのイヤーパッドです。

カールコードタイプのケーブルです。

その他書類です。

全て取り出しました。

内容物の確認と特徴

内容物の確認

内容物

1)ヘッドホン本体

2)6.3mmステレオ変換プラグ

3)ベロア製イヤーパッド

4)3.0mストレートケーブル

5)カールケーブル(引き伸ばし時最大5.0m)

6)WARRANTY CARD

7)ステッカー

本体の確認と特徴

本体の確認をしていきます。

「SONY CD-900ST」と比べると各パーツが全体的に大きいです。

サイズは「900ST」は約200g。

「K240」は240gです。

ヘッドバンドは頭のサイズに合わせて可動する「セルフアジャスト機構」で、装着してみると高さの調節は自動でしてくれる感じです。

「900ST」の様に伸ばして調節するタイプとは違う様です。

「K240」はゴムで調節しているようです。

下図の矢印のところにゴムが見えます。

ヘッドバンド自体は柔らかい感じでよく開きます。

また、装着した時の圧迫感は密閉型ヘッドホンの「900ST」と比べると少し少ない感じです。

今「K240」は新品ですので、使い込んだ後どう変わってくるのか気になります。

ケーブルはストレートタイプとカールコードを選ぶ事が出来ます。

イヤーパッドは交換が可能です。

合皮とベロア製から選ぶことが出来ます。

ケーブルとイヤーパッドが一番傷みやすいので、交換品がすぐ手に入るのは良いポイントです。

ケーブルは付け根の部分のボタンを押しながら引っ張ると外すことが出来て交換できます。

接続端子はミニXLR端子です。

「AKG K240」というヘッドホンについて

「AKG K240」は世界各国のレコーディングスタジオや放送局で使用されている、スタンダードのモニターヘッドホンです。

「AKG K240」には、「STUDIO」と「MK2」の2種類があり、今回私が購入したのは「MK2」の方になります。

「STUDIO」と「MK2」の違いですが、ヘッドホンのスペックは比較表を見る限り違いは無いようです。

引用元:SOUND HOUSE

両者の違いは、サイドのカラーリングと付属品の様です。

「STUDIO」は金色、「MK2」は青色です。

「K240 MK2」を購入した理由

ツッキーツッキー

今回このヘッドホンを購入した理由は4つあります。

購入した理由

1)ナレーション中に密閉型のヘッドホンだと自分の声がモニタリングできず喋りづらい事

2)カールコードのケーブル(ヘッドホン)が欲しかった

3)「SONY CD-900ST」と並んで定番モニターヘッドホンと呼ばれている「AKG K240」を使用してみたかった

4)ケーブルとイヤーパッドの交換品が最初からセットになっている

理由その1について

理由その1が購入した最も大きな理由です。

動画を制作する様になってから、ヘッドホンをしながら喋るという場面が出てきました。

密閉型の「SONY CD-900ST」だと、自分の声も遮られてしまいとても喋りにくかったです。

録音した声を聴いてみると少し大きな声になり、鼻が詰まった様な感じに聞こえます。

これは良く無いと思い、開放型のヘッドホンを試してみる事にしました。

「K240」は完全な開放型ではなくセミオープン型です。

私は主に声を録音する時に装着するつもりですので、ソニーの「900ST」より喋りやすくなっていればこれでいいのかなと思っています。

理由その2について

2番目の理由のカールコードについてです。

今までリスニングや、ちょっと持ち運んでレコーディング時のサウンドチェックなどにはかなり昔に購入した「SONY MDR-Z500」というヘッドホンを使用していました。

このヘッドホンは折り畳めるしカールコードで収納がしやすく、ミニプラグにも対応しているので使い勝手が良かったです。

ただ、長年の使用でイヤーパッドもボロボロで、椅子の足につけるカバーを無理矢理取り付けていたり、そろそろ限界を感じていました。

この「K240」は家の中ですが、あちこち持ち運びして使うのでSONYのヘッドホンに倣ってカールコードで使うつもりです。

理由その3について

3番目の理由はそのままです。

ミックスする時にソニーの「900ST」と聴き比べてみたいです。

また、保証について「SONY CD-900ST」は初期不良のみの対応ですが、「AKG K240」は何と3年保証だそうです。

理由その4について

4番目の理由は、最初価格の安い「STUDIO」の方でいいかなと思っていたのですが、カールコードが欲しかったのと、いつかはイヤーパッドは確実に劣化して交換しなければならないので、どちらもセットになっている「MK2」を選びました。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

本当は今まで使用していた「SONY MDR-Z500」の代わりに青帯と呼ばれている「SONY MDR-7506」を買ってみようかなと考えていたのですが、開放型のヘッドホンが急遽必要になり「K240」を購入しました。

多くの人が使用しているヘッドホンですのでこれから使うのが楽しみです。

ツッキーツッキー

それでは最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ