【開封レビュー】iPhone12 Pro Max パシフィックブルーとケースと液晶保護ガラスフィルム【エレコム/ZAROSHOCK/NIMASO】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、「iPhone12 Pro Max」と「エレコムのケース」と「ガラスフィルム」を開封レビューしていきたいと思います。

「iPhone」の色は、テーマカラーのパシフィックブルーを選びました。

動画の目次です。

今回の動画では、7つの項目に分けて開封やケースの紹介をしてみたいと思います。

ツッキーツッキー

それではまず、iPhoneを開封していきたいと思います。

iPhone開封

恒例のペリペリを剥がします。

フタをパカリと開けます。

いつものようにiPhone本体がお目見えしました。

本体を取り出すと、書類とケーブルが見えます。

今回から「USB充電器」は付属しません。

他の付属品を取り出します。

ツッキーツッキー

次は、内容物を見ていきたいと思います。

内容物の確認

内容物
  • iPhone12 Pro Max 本体
  • USB-C-Lightningケーブル

  • SIMトレー用ピン
  • 確認書類
  • ステッカー

ツッキーツッキー

次は、購入したアクセサリーをみていきたいと思います。

購入したアクセサリー

液晶保護ガラス

NIMASOというメーカの商品で、「保護ガラス2枚セット」で「ガイド枠付き」です。

エレコム/ZEROSHOCK

ツッキーツッキー

ここで、ケースのパッケージから特徴の確認をしてみたいと思います。

コーナーバンパー

落下時に、最もダメージが大きい角部分への衝撃を吸収します。

ベゼルガード

凸型に設計されたベゼルが、液晶画面の傷やダメージを防ぎます。

デュアルストラクチャー

「TPU素材」と「PC素材」の二重構造が傷と衝撃から本体を守ります。

ストラップホール

ストラップを取り付け可能です。

衝撃吸収液晶保護フィルム

衝撃吸収液晶保護フィルムが付属しています。

ツッキーツッキー

次は、液晶保護ガラスをiPhoneに貼り付けていきたいと思います。

液晶保護ガラスの貼り付け

液晶保護ガラスの内容物の確認

保護ガラスのパッケージを開けていきます。

「TOOLS」という袋がありアイテムが入っています。

TOOLSに入っているもの
  • クロス2枚
  • クリーナー2枚
  • 埃はがしシール2枚

取扱説明書(日本語)です。

位置決め用のガイド枠です。

液晶保護ガラス2枚です。

縁の部分に黒い枠があります。

貼り付けても液晶表示部分には干渉しません

縁の部分は角張っていなくて丸い加工がされています。

※画像の青いシミのようなものは動画のフレームを書き出しているせいで、実際はシミのようなものはありません。

液晶保護ガラス貼り付け

まず「iPhone」に付いていた液晶面の保護シートを剥がします。

次に、ガイド枠を「iPhone」に取り付けます。

液晶保護ガラスを枠に沿って貼り付けます。

指でなぞって入ってしまった気泡を外に逃します。

ツッキーツッキー

ガイド枠のおかげで貼り付け位置は完璧でしたが、

残念ながら3カ所ほどホコリが入ってしまいました。

もう1枚予備がありますので、そのうちもう1度貼り付けにチャレンジしたいと思います。

ツッキーツッキー

次は、iPhone11(無印)と比較したり、新機能の確認をしてみたいと思います。

iPhone11との比較と新機能

ディスプレイ・サイズ・重さ

iPhon11iPhone12 Pro Max
ディスプレイ6.1インチ6.7インチ
高さ150.9mm160.8mm
75.7mm78.1mm
厚さ8.3mm7.4mm
重さ194g226g

カメラ・ズーム機能

iPhon11iPhone12 Pro Max
カメラ超広角、広角超広角、広角、望遠、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps)
光学ズーム2倍5倍
LiDARスキャナなしあり

CPU・電池・材質

iPhon11iPhone12 Pro Max
CPUA13 BionicチップA14 Bionicチップ
電池最大17時間のビデオ再生最大20時間のビデオ再生
材質ガラスの前面と背面
航空宇宙産業レベルのアルミニウム
Ceramic Shieldの前面
4倍向上した耐落下性能
医療に使われるレベルの
ステンレススチール

耐水性能・MagSafeアクセサリと
ワイヤレス充電器

iPhon11iPhone12 Pro Max
耐水性能水深2メートルで最大30分間の耐水性能水深6メートルで最大30分間の耐水性能
MagSafeアクセサリとワイヤレス充電器に対応なしあり

ツッキーツッキー

次は、iPhoneにケースを装着していきたいと思います。

ケース装着

開封します。

ケースのプラスチックが固いです。

ケース本体です。

付属の液晶保護フィルムの貼り方の説明書です。

保護フィルムです。

ツッキーツッキー

それでは、ケースを装着していきます。

黒い部分の素材は柔らかいので、簡単に取り付けが出来ます。

青いプレートを嵌めて完成です。

違う会社(エレコム以外)の液晶保護ガラスを貼り付けましたが、ケースの縁とガラスフィルムは干渉せずに取り付けることが出来ました。

また、黒い部分の仕上げが、iPhone11用の「ZEROSHOCK」と違っていました。

iPhone12用はラメが入っているような、キラキラした感じの仕上げになっています。

まとめ

iPhone11と比べるとだいぶサイズも大きくなりましたが、画面も大きいのでとても見易くなりました。

ベゼル部分が薄くなった事でより画面が大きく感じます。

また、Phone11の丸みを帯びたベゼルの方が薄く感じ、iPhone12の方が厚みがあるように感じます。

そして、皆さんがレビューしているとおりにサイド部分の指紋は確かに気になります。

ですが、ケースを装着して隠れてしまいますので特に問題はないかと思っています。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ