「sonarworks reference4」で音場補正。スタジオモニタースピーカーで正確なモニタリングするには。【リファレンスのススメその1】【DTM/studio edition with microphone/SoundID】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

最近引っ越しをしてモニタースピーカーを置く環境が変わりましたので、「sonarworks reference 4」を使用してスピーカーのキャリブレーションを取りたいと思います。

測定マイクとソフトウェアを使用してスピーカーがフラットな音が出せるように測定をしていきます。

動画の目次です。

今回の動画では、5つの項目に分けて測定やソフトウェアについてみていきたいと思います。

ツッキーツッキー

まずは、なぜモニタースピーカーのキャリブレーションが必要なのかについてのお話です。

モニタースピーカーのキャリブレーションについて

DTM環境を自宅の部屋で構築する場合、スピーカーの性能を十分に発揮できない場合があります。

その理由は、モニタースピーカーから聴こえる音は、設置する場所や環境によって変わってくるからです。

完璧に調整されたスタジオに設置するのと、普通の自宅の部屋に設置するのでは当然反射する音も違い、聴こえる音も変わります。

下の画像は私の前の前のDTMデスク。

大抵の場合、下の画像のように低音が必要以上に出ている事が多いです。

それを解消するためのアイテムが、この「sonarworks reference 4」です。

このマイクで部屋のスピーカーの前を何箇所も測定します。

測定後にDAWのマスタートラックのさいごに「reference 4」のプラグインを挿します。

そうすると、スピーカーから出る音をフラットに補正してくれます。

その結果、フラットな環境でのミックス作業が可能になります。

また、この測定用のマイクは個別にナンバリングされていて、マイクの特性ごとメーカーに登録されています。

これは凄いなと思いました。

ツッキーツッキー

では次に、測定する様子をご覧下さい。

測定作業

マイクのセッティング

1.マイクにXLRケーブルを接続

2.オーディオインターフェイスに接続

3.ファンタム電源をオン

4.測定用のソフトウェアを起動

「Measure Your Speakers」というボタンをクリックします。

5.チェックリストの確認

6.測定マイクのIDを入力

そうしますとマイクの周波数特性が表示されます。

下の画像は私のマイクの周波数特性です。

測定の準備

オーディオデバイスの設定後、チュートリアルを確認します。

測定風景

ソフトウェアの指示に従いたくさんの地点で測定します。

動画でチェック

チャプター「01:58 測定作業」の「03:58」頃から測定風景を見る事が出来ます。

測定結果

ツッキーツッキー

それでは測定が完了しましたので、結果を見ていきたいと思います。

結果は下図のような感じです。

やはりフラットには程遠く、低音から高音まで凸凹した状態になっています。

測定結果をファイルに保存します。

これでスピーカーのプロファイルは保存されました。

その後、「Reference 4」を立ち上げてファイルを読み込みます。

イコライザーを有効にすると下の画像の感じでフラットに修正してくれます。

修正前との比較です。

修正後が「紫」修正前が「青」です。

プラグインの使い方と音の比較

プラグインの使い方(ヘッドホンの設定)

このプラグインは3台のパソコンにインストール可能です。

パソコンを買い換えた時などはホームページから自分でディアクティベーションし、新しくアクティベーションする事が出来ます。

また、ヘッドホンのキャリブレーションファイルも存在し、「SONY MDR-900ST」もファイルがありますのでロードしてフラットな状態にする事が可能です。

1.「Presets」のタブをクリック

2.「Add Preset」をクリック

3.「+Add Headphones」をクリック

4.SONYのヘッドホンの中から「900ST」を選択

5.「Add Preset」をクリック

これでヘッドホンが追加されました。

修正前の「900ST」周波数特性です。

音の比較

まずDAWのマスタートラックの最終段に「Reference 4」を挿入して立ち上げます。

この後、「キック」「ドラムループ」「アコギ」「ドラムとアコギ」の音を修正前と修正後にどのように音が変化するのか検証しています。

結果が気になる方は是非動画にて聴いてみてください。

動画でチェック

チャプター「06:56 音の比較」にて違いを聴く事が出来ます。

まとめと次回予告

ツッキーツッキー

モニタリング環境について第1回目の動画でした。

自宅でモニター環境を作る場合は、モニタースピーカーとセットでこういったリファレンス用のプラグインが必要になると思います。

例えば、キャリブレーションしないで低音が出過ぎているモニター環境でミックスした場合、恐らく低音が弱いミックスが出来上がると思います。

(下の図のように低音が出ている為です。)

やはりそういうことは避けたいので、必要なアイテムだと思います。

そして次回の「リファレンスのススメ その2」では別の会社のリファレンスソフトを試して見たいと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ