SONY MDR-CD900STのイヤーパッド交換とレビュー【ヘッドホン/リペア/DTM/ソニー/修理/赤帯】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、スタジオ定番のモニターヘッドホンである「SONY MDR-CD900ST」の劣化してひび割れが始まったイヤーパッドの交換と、簡単なレビューをしてみました。

目次です。

今回の動画では、6つの項目に分けて交換作業やレビューをしていきます。

ツッキーツッキー

それでは、イヤーパッドの交換をしていきたいと思います。

イヤーパッドの交換

購入したイヤーパッド

購入した交換用のイヤーパッドです。

価格は1つ1000円くらいです。

こんな感じのパッケージに入っています。

業務用といった感じですね。

そして、劣化してひび割れて剥がれが始まったイヤーパッドです。

このままだと使用した時に剥がれた素材が耳に付きます。

古いイヤーパッドの取り外し

古いイヤーパッドを取り外していきます。

特別な工具は必要ありません。

隙間の部分にパッドが挟まっていますので、引っ張れば取れます。

外していきます。

両方取り外せました。

取り外した中身はこんな感じになっています。

新しいイヤーパッドを取り付ける

新しいイヤーパッドを袋から出して用意します。

取り付けていきます。

隙間に挟み込むだけなのですがコツが要ります。

端から少しずつ丁寧に作業します。

無事に交換出来ました。

SONY MDR-CD900STについて

このヘッドホンは、元々はSonyの自社スタジオで使う為に作られた業務用ヘッドホンです。

1989年に発売されてから30年以上使用され続けてきたヘッドホンです。

業務用ですのでパーツ毎の販売もされており、今回のように不具合がある部分のみを交換してリペアが可能です。

また、保証も業務用なので初期不良のみの対応になります。

SONY MDR-CD900STの仕様

主な仕様です。

仕様
タイプ密閉型
ドライバーダイナミック型40mmドーム型
周波数特性5〜30,000Hz
インピーダンス63Ω
重さ約200g

商品は本体のみでポーチや変換アダプター等の付属品はありません。

外観、デザインの確認

ツッキーツッキー

外観、デザインの確認です。

耳の部分は厚過ぎる事も無く取り回ししやすいと思います。

頭に合わせて11段階でサイズ変更が可能です。

ケーブルはストレートタイプで約2.5mです。

プラグはステレオ標準プラグでミニプラグには対応していません。

ミニジャックで使いたい場合は変換プラグが必要になります。

SONY MDR-CD900STを使う理由

ツッキーツッキー

MDR-CD900STを使う理由です。

このヘッドホンはモニター用で、レコーディングやミックスで使うヘッドホンという認識です。

どこのスタジオに行っても置いてありましたので、自分がDTMを始めた時も何も考えずにこのヘッドホンを購入しました。

自分用とボーカリスト用に2つ所有しています。

さいごに

如何だったでしょうか。

ヘッドホンは沢山のメーカーで様々な商品があります。

密閉型や開放型など人によって好みがあるとは思いますが、DTMをされている方であればリファレンス用としてこのヘッドホンを1台持っていても良いのではないかと思います。

耐久性やメンテナンス性に優れ、長く使えるヘッドホンだと思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ