SONYの密閉型モニターヘッドホン「MDR-7506」開封レビューと購入した理由。【DTM/スタジオモニター/定番/青帯/比較/MDR-CD900ST/赤帯】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

SONYの密閉型モニターヘッドホン「MDR-7506」通称「青帯」を購入しましたのでレビューをしていきたいと思います。

私はすでに「赤帯」と呼ばれる「MDR-CD900ST」を2つ持っていて、メンテナンスしながら長年使用しています。

レビュー記事↓

元々「青帯」に興味はありましたが特に購入する理由がありませんでしたが、今回その理由が出来てしまいました。

詳しくは後ほどお話したいと思います。

今回の動画は7つの項目です。

パッケージの確認と開封、内容物の確認、特徴の確認、仕様の確認、「MDR-CD900ST」との違い、購入した理由、まとめです。

ツッキーツッキー

それでは、パッケージの確認と開封をしていきたいと思います。

パッケージの確認と開封

パッケージの確認

特徴や注意書きは全て英語で書かれています。

サイド。

裏面。

ちなみに「MDR-CD900ST」のパッケージは何も書かれていないただの白い箱でした。

開封

ツッキーツッキー

それでは開封していきます。

透明のケースから内箱を取り出します。

箱の裏にサービスマニュアルが印刷されていました。

ヘッドホン本体を取り出します。

箱の底にポーチが入っていました。

全部取り出せました。

内容物の確認

ツッキーツッキー

内容物の確認です。

内容物
  • ヘッドホン本体

  • 変換プラグ

  • キャリングポーチ

  • サービスマニュアル

  • ワランティーカード

特徴の確認

ツッキーツッキー

特徴の確認です。

口径40mmのドライバーユニット

業務用のモニターヘッドホンとして大口径の40mmドライバーユニットとネオジウムマグネットを搭載し、クリアでパワフルな音を再現。

折りたたみ式

折りたたみ式ですので持ち運びや収納に便利です。

専用ポーチも付属します。

カールコード

ケーブルはカールコードです。

長さは3mです。

2ウェイプラグ

ステレオ標準ジャックとステレオミニジャックに対応します。

クリックスケール式スライダー

ヘッドバンドの長さ調整は、目盛り付きのクリックスケール式スライダーで行います。

目盛は「1~11」まであります。

仕様の確認

ツッキーツッキー

主な仕様の確認です。

仕様
  • タイプ:密閉型

  • ドライバー:40mmダイアフラム

  • インピーダンス:63Ω

  • 周波数特性:1020,000Hz

  • コード長:3m(カールコード)

  • プラグ:3.5mmステレオミニ/6.3mmステレオ標準 (変換プラグ付き[ネジ込タイプ])

  • 重さ:約230g

ツッキーツッキー

次は「MDR-CD900ST」との違いを検証してみたいと思います。

MDR-CD900STとの違い

再生周波数帯域

再生周波数帯域は異なります。

流石に「赤帯」の方が再生周波数帯域は広いですが、ここまで再生する必要があるのかというのも好みが別れるところだと思います。

再生周波数帯域
MDR-750610~20,000Hz
MDR-CD900ST5~30,000Hz

プラグ

「MDR-7506」はミニプラグとステレオ標準プラグを選択できます。

「MDR-CD900ST」はステレオ標準プラグのみです。

ミニプラグの機材に使用したい時は変換プラグを用意する必要があります。

カールコード

「MDR-7506」はカールコードです。

私はこの方が取り回ししやすいと思っています。

折りたためる

「MDR-7506」は折りたたむ事が出来ます。

収納が楽です。

ツッキーツッキー

以上の違いがあります。

再生周波数帯域は「MDR-CD900ST」の方が広いですが、機能性に優れいているのは「MDR-7506」だと思います。

MDR-7506を購入した理由

ツッキーツッキー

今回「MDR-7506」を購入した理由は、Wavesのプラグインに対応しているからです。

説明しますと、Wavesのプラグインの中に「Abbey Road Studio 3」というものがあります。

このプラグインは、DAWのマスタートラックに挿入する事でヘッドホンの中に擬似的に「Abbey Road Studio 3」を再現してくれるものです。

つまり、自宅にいながら自分のヘッドホンの中に「Abbey Road Studio 3」のコントロールルームでミックスしている状態にしてくれます。

私はとてもお気に入りで、このプラグインのレビュー動画も作りました。

「Abbey Road Studio 3」のレビューブログ記事↓

「MDR-7506」とどんな関係があるのかといいますと、このプラグインの中にヘッドホンもシュミレートされています。

リストの中に「MDR-7506」があります。(下図矢印部分)

残念ながら「MDR-CD900ST」はリストに入っていません。

当然のことながらリストにある「MDR-7506」の方が、より高い精度で「Abbey Road Studio 3」を再現していると思います。

ツッキーツッキー

そういった事があって「Abbey Road Studio 3」を使うようになってからずっと「MDR-7506」が気になっていました。

また、つい最近Wavesから「Nx Ocean Way Nashville」という「Ocean Way Nashville」のスタジオコントロールルームを再現したプラグインがリリースされました。

イントロセールにつられて即購入したのですが、こちらでも「MDR-7506」がリストに入っていました。

これはもう行くしかないという事になり今回購入しました。

以上が理由になります。

まとめ

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

Wavesのプラグインの為にわざわざヘッドホンを購入するというのもやり過ぎかなと思ったのですが、より良いミックスを作るための研究と勉強のためと思い購入してみました。

また、「Nx Ocean Way Nashville」というプラグインも「リファレンスのススメ」第4弾としてレビュー動画を作ってみたいと思っています。

レビュー動画とレビュー記事作りました↓

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ