【開封レビュー】スリックの自由雲台【SBH-100 BK N】購入しました。 【SLIK/カメラ/使い方】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

スリックの自由雲台「SBH-100 BK N」を購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。

目次です。

今回の動画では、4つの項目に分けて開封や使用感を見ていきます。

ツッキーツッキー

それではまず、購入した理由からお話していきたいと思います。

購入した理由

ツッキーツッキー

購入した理由です。

理由1

1.クイックシューが不要だと感じた事

私が持っている一脚のメーカーはそれぞれ違うので雲台の形が違います。

当然クイックシューのデザインも違いますのでメリットがほとんどないです。

いちいち必要な時に雲台からクイックシューを取り外して、カメラをひっくり返してシューを取り付けるのが大変です。

他の三脚も同じ雲台を使用していないとクイックシューのメリットを感じられませんので、今回クイックシューのない自由雲台にしました。

理由2

2.小さいモデルの「SBH-61」でもしっかりと使えた事

私は俯瞰撮影用にスリックの「スライディングアームⅡ」を使用しています。

これに「SBH-61」を取り付けて使用していました。

この小さい雲台でも約900gあるα6600とシグマのレンズの組み合わせをしっかりとホールドしていましたので、この製品は信頼できると思いました。

コルク部分が割れやすいというレビューをよく見かけますが、小さいサイズの小さいサイズの「SBH-61」を半年間使用してみて、私の場合は今のところ大丈夫です。

開封と内容物の確認

ツッキーツッキー

開封と内容物の確認をしていきたいと思います。

開封

台紙を引き抜きます。

本体を取り出します。

台紙の間に取扱説明書と保証書が入っていました。

内容物の確認

内容物
  • 本体
  • 取扱説明書
  • 保証書

使用してみる

ツッキーツッキー

雲台をスタンドに取り付けてカメラを装着してみたいと思います。

スリックの一脚をテーブル三脚状態にして取り付けます。

まずボールロックレバーをしっかりと閉めます。

そしてスタンドへ取り付けます。

スタンドに固定できたらボールロックレバーを緩めます。

カメラをセットしてカメラ台を回します。

好みの角度でボールロックレバーを締めます。

装着完了です。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

大事なカメラをしっかりと固定するツールですので、雲台はとても重要なパーツだと思います。

また、高級な雲台もあり価格差でどこが違ってくるのか興味ありますが、今のところカメラ初心者の自分にはこの2つの雲台で充分だと思います。

ツッキーツッキー

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ