超静音シュレッダーを開封レビューして音を聴いてみた。【アイリスオーヤマ/P6HCS-W/クロスカット】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

音が静かというシュレッダー「アイリスオーヤマ/P6HCS-W」を購入しましたので、開封して使用したときの音も確認していきたいと思います。

動画の目次です。

開封と内容物の確認、本体各部の確認と主な仕様、使用して音を聴いてみる、最後にまとめです。

ツッキーツッキー

それでは、開封して内容物の確認をしていきたいと思います。

開封と内容物の確認

開封

フタを開けていきます。

開きました。

取扱説明書です。

本体を取り出します。

取り出せました。

内容物の確認

内容物
  • シュレッダー本体

  • 取扱説明書

ツッキーツッキー

次は本体各部の確認と主な仕様をみていきたいと思います。

本体各部の確認と主な仕様

本体各部の確認

上部

紙投入口があり、感知センサーが付いています。

A4コピー用紙6枚まで同時に細断できます。

クロスカットタイプで、細断サイズは「4x25mm」です。

細断性能
  • A4コピー用紙6枚以内

  • CD/DVD/BD 1

  • クロスカット
  • 細断サイズ「4x25mm」

上位モデルには更に細かく細断できる、マイクロカットのモデル(KP4HMS)もあります。

CD/DVD投入口です。

プラスチックカードも対応しています。

1枚ずつ使用できます。

操作スイッチです。

「逆転」「停止」「自動」「正転」の4種類があります。

普段は「自動」で使用して、紙詰まりが起きた時に「逆転」と「正転」を使用して詰まりを解消します。

正面

ダストボックスがあります。

取っ手が付いていて引き出します。

完全に引き出すことが出来ます。

脇についているケースは「CD/DVD」用です。

ダストボックス全体の容量は「約7.5L」で、ケースを外すとA4コピー用紙約60枚分になります。

ダストボックスの中に追加取扱説明書が入っていました。

出荷前に検査を行っているそうで、細断屑の一部が残っている場合があるそうです。

裏側

仕様が記載されています。

電源ケーブルがあります。

ケーブルの長さは「約1.25m」です。

主な仕様

項目データ
電源AC100V(50/60Hz)
定格消費電力90W
紙投入部220mm、CD/DVD投入部120mm
定格細断枚数A4コピー用紙6枚、CD/DVD 1枚
細断サイズ約4x25mm
定格時間10分(連続で使える時間)
コードの長さ1.25m
ダストボックス容量7.5L
外形寸法幅17.5x奥行35.1x高さ31.6cm
質量約5.6kg

使用して音を聴いてみる

今回は防音室の中にシュレッダーを置いて、マイクは「AKG/C214」コンデンサーマイクで収録しています。

「AKG/C214」レビュー記事↓

動画でチェック

動画内チャプター「02:53使用して音を聴いてみる」内でシュレッダーを使用した時の様子を確認することができます。

まずA4の紙を1枚シュレッダーにかけてみます。

細断中

細断してみたところ、細断が終わったあとも割と長めにモーターが回っているようです。

次は少し厚めの紙をシュレッダーにかけてみたいと思います。

次はA4コピー用紙6枚をシュレッダーにかけてみます。

重そうな音がします。

ダストボックスの中を見てみると、このような感じに細断されています。

次はCD-Rをシュレッダーにかけてみます。

カット後の状態を見てみると、5つに細断されています。

ツッキーツッキー

次はまとめです。

まとめ

自宅で使うシュレッダーですので、「静音モデル」に魅力を感じて選んでみました。

確かに一般的なシュレッダーと比べて音は静かだと思いますが、モーターが作動して紙を細断しているわけですので、それなりの音はします。

本体のデザインはシンプルでとても気に入りました。

シュレッダーがあれば安心して書類を破棄することができます。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ