3年間手放せないロジクールBluetoothマウス【M336/M337】の使用レビュー&ペアリング方法【logicool】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は約3年程使用したロジクールのBluetooth マウスM336のレビューをしていきたいと思います。

先日同じロジクール社の「Pebble M350」を購入しましたのでそちらに乗り換えるつもりでしたが、結局この「M336」も手放す事が出来ずに使用しています。

その辺の魅力もお伝えしたいと思います。

ペブルM350の開封レビュー記事↓

ツッキーツッキー

それでは、マウスの各部を見ていきたいと思います。

本体各部の確認

ツッキーツッキー

マウス各部の確認をしていきたいと思います。

型番が「M336」と「M337」の2つがありますが、カラーの違いがある位で機能や形は同じ物です。

私の手元にあるのは「M336」のブラックです。

デザインはとてもシンプルで軽量なマウスです。

電池を含めても重さは約「82g」です。

サイドボタンは無く、パッと見た感じだと普通の3ボタンのマウスに見えますが、、、

実は沢山の機能をボタンに割り当てることが出来るマウスです。

それが「ゼスチャー機能」と「チルト機能」です。

「Logicool options」というソフトウェアを使用して、この2つの機能を設定する事が出来ます。

ツッキーツッキー

次はパソコンとペアリングをしていきたいと思います。

ペアリング方法 Mac OS 編

Mac OS での設定方法です。

システム環境設定を開く

「システム環境設定」を開き、「Bluetooth」というアイコンをクリックします。

マウスの電源を入れる

マウスの電源を入れて、ペアリングボタンを長押しして「ペアリングモード」にします。

パソコンとペアリングする

「Bluetooth」のページにマウスが検出されたら「接続」をクリックします。

ペアリングできました。

ペアリング方法 Windows 編

ツッキーツッキー

Windows10でのペアリング方法です。

「設定」ページを開く

  1. 左下の「スタート」ボタンをクリック
  2. 歯車のマークから「設定」をクリック
  3. リストから「デバイス」をクリック

  1. 「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」の「+」をクリック
  2. 開いた黒いページで「Bluetooth」をクリック

マウスの電源を入れる

マウスの電源を入れてペアリングボタンを長押しします。

パソコンとペアリングする

「M336」が検出されてリストに表示されたらクリックします。

これでペアリングは完了になります。

Logicool Optionsのインストール

「Logicool Options」という無償のソフトウェアをロジクールのホームページよりダウンロードします。

このソフトを使用してマウスの細かい設定を行います。

インストールします。

ポイントとスクロールの設定

スクロールの速度などをソフトウェアを使用して好みに設定できます。

ジェスチャー機能

ゼスチャー機能とは、ホイールの下に付いている「ナビゲーションボタン」を押しながらマウスを上下左右に動かす事で、各方向に設定した機能を使うことが出来る機能です。

ブログでは説明が難しいので是非動画でご覧ください。

動画でチェック

チャプター「4:03 logicool options のダウンロードとインストール」にて観る事が出来ます。

チルト機能

チルト機能とは、ホイールに割り当てられる機能です。

デフォルトではホイールを左右に動かすと、ブラウザで「戻る」「進む」を割り当てられています。これが地味に便利です。

それ以外の機能を割り当てる事も可能です。

押し込んだ時の機能も設定出来ます。

M336/M337のメリットとデメリット

メリット

  • 沢山の機能をボタンに割り当てることが出来る。
  • リーズナブルでコスパが良い。
  • 左右対象なので左利きでも普通に使える。

デメリット

  • クリック音が大きい

細かい設定をしなくても普通に使えますが、ゼスチャー機能とチルト機能を使えばさらに多くの事がこのマウスで出来ます。

また、2500円くらいで買えますので、コストパフォーマンスの良いマウスだと思います。

そして、左右対象なので私のような左利きでも普通に使えるのが嬉しいです。

デメリットはクリック音が大きいくらいだと思います。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

静音マウスのPebble M350も良いのですが、M336も捨て難い素晴らしいマウスだと思います。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ