【開封レビュー】小型で軽量なニンテンドースイッチライトです。【Nintendo Switch Lite】【比較あり】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは。ツキシマです。

今回はニンテンドースイッチライトを購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。

小型で軽量、画面も綺麗です。

二ンテンドースイッチと比較もしてみました。

ツッキーツッキー

内容物の確認です。

内容物の確認

スイッチライトの内容物
  • スイッチライト本体
  • ACアダプター
  • セーフティーガイド
  • 箱、保証書

また、アクセサリーセットも同時に購入しています。

液晶モニターにホコリと汚れが付くのを避けたかったので、開封してすぐに購入していた液晶保護ガラスを張り付けてTPU素材の柔らかい半透明のケースを装着しました。

アクセサリーセットの付属品です。

アクセサリーセットの内容物
  • 収納ケース
  • 本体保護カバー
  • ガラスフィルム(2セット)
  • 親指キャップ

スイッチライトのはじめかた

スイッチライトは取扱説明書は特に付属しておらず、パッケージの耳の部分に「はじめかた」として記載があります。

はじめかた
  1. ACアダプターを接続する
  2. 初回設定をする
  3. 電源ボタンを押すと「スリープ/スリープ解除」

各部の確認

ツッキーツッキー

ここではスイッチライト本体の形状やボタン配置等について確認しています。

正面

ボタン配置は基本的にニンテンドースイッチと同じ状態です。

唯一違うのは左の十字キーです。

スイッチはボタンが4つ並んでいましたが、スイッチライトは十字キーです。

上面

「L、R、ZL、ZR」ボタンはこんな感じです。

他に、ゲームを入れるスロットとイヤホンジャック、ボリュームボタンと電源ボタンがあります。

底面

底面です。

microSDスロットとUSB端子があります。

裏面

ステレオでスピーカーがあります。

コントローラーが一体になった事で持ちやすく、手によく馴染む形状になっています。

動画でチェック

チャプター「1:34 各部の確認」にて観る事が出来ます。

Switchとの比較

ニンテンドーSwitchとの比較をしました。

サイズ感比較

横幅はJoy-Con1個分サイズが小さくなっています。

重ねてみると、縦も大体1cmくらい小さくなっています。

横の厚みは大体同じくらいです。

重さ比較

  • スイッチライト:275g
  • ニンテンドースイッチ:398g

長時間ゲームをするときはスイッチライトの方が軽いので楽そうです。

耐久性

スイッチライトは、コントローラーが一体になった事で頑丈そうな感じです。

割と強くひねったとしても安心感があります。

ニンテンドースイッチの方は、Joy-Conをセットしているので力を入れたりひねりを加えるとだいぶギシギシ軋む音がしますので不安です。

出来るゲームと出来ないゲーム

スイッチライトは携帯モードで出来るゲームのみ対応です。

例えばフィットボクシングのようなJoy-Conで操作するゲームは遊ぶ事が出来ませんので注意が必要です。

比較した項目まとめ

比較した項目まとめ
ニンテンドーSwitchニンテンドーSwitch Lite
サイズ感縦:102mm 横:239mm 厚さ:13.9mm縦:91.1mm 横:208mm 厚さ:13.9mm
重さ398g275g
十字キー無し有り

スイッチライトのメリットとデメリット

メリット

  1. 価格がSwitchより安い
  2. Switchより軽くて持ちやすい

デメリット

  1. テレビに繋ぐ事が出来ない
  2. ライトでは遊ぶ事の出来ないゲームがある

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

スイッチライトは小型で軽量なので、テレビに繋がずに携帯モードで遊ぶ派の人にはおすすめだと思います。

また、ニンテンドースイッチより価格が安いのも良いと思います。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ