【開封レビュー】SEIKO ALBA ピコ スタンダードストップウォッチ【使い方】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回はストップウォッチを購入しましたので、開封レビューと共に、説明書を見ながら使い方もYouTube動画で紹介してみました。

購入検討をしている方の参考になれば幸いです。

パッケージの確認

先ずはパッケージの正面です。

  • ALBA ピコ スタンダード ストップウオッチ
  • 見やすい表示で操作も簡単!!

アルバ ピコ スタンダードのここがポイント!

  • 操作確認音をONかOFFに簡単に切り替えられますので、外出先でも安心して、ご使用できます。
  • ストップウォッチ計測中でも、現在時刻が上段に表示されます。

仕様

  • スプリット計測
  • 1/100秒、最大100時間計測
  • 時計機能
  • アラーム機能
  • フルオートカレンダー機能
  • 日常生活防水

内容物の確認

  • ストップウォッチ本体
  • 取扱説明書
  • 保証書

ストップウォッチの使い方

ここからはストップウォッチの使い方を見ていきます。

画面表示の切り替え

3種類ある画面の表示の切り替え方法です。真ん中のBのボタンを押す事によって、

  1. 時刻表示
  2. ストップウォッチ表示
  3. アラーム表示

に、切り替える事が出来ます。

時刻・カレンダーの合わせかた

  1. 真ん中のBボタンを押して時刻表示にする。
  2. 左側のAボタンを2,3秒長押しして設定モードにする。(秒の表示が点滅します。)
  3. 右側のCボタンを押すと点滅箇所が変わりますので修正したい箇所を選ぶ。
  4. ボタンAを押して修正する。
  5. 全ての修正が完了したら、ボタンBを押して通常の時計表示に戻ります。

ストップウォッチの使い方

  1. 真ん中のBボタンを押してストップウォッチモードにします。
  2. 左のAボタンを押してリセットします。

普通の使い方(積算タイムをとる方法)

  1. 右のCボタンを押してスタート。
  2. もう一度Cボタンを押してストップ。
  3. 左のAボタンを押してリセット。

スプリットタイムのとりかた(途中時間を測る)

  1. 右のCのボタンを押してスタート。
  2. 左のAのボタンを押してスプリットタイム(途中時間)を表示。
  3. もう一度Aボタンを押してスプリットを解除。(スタートからの時間計測は継続)
  4. 右のCボタンでストップ。
  5. 左のAボタンを押してリセット。

2位タイムのとりかた

  1. 右のCのボタンを押してスタート。
  2. 左のAのボタンを押してスプリット(1位のタイム)を表示。
  3. 右のCボタンでストップ。
  4. 左のAのボタンを押してスプリットを解除(2位のタイムを表示)する。
  5. 左のAボタンを押してリセット。

アラームの使い方

  1. 真ん中のBボタンを押してアラーム表示にします。
  2. 左のAボタンを長押しするとアラーム時刻設定モードになります。
  3. 右のCボタンを押すごとに時・分が交互に点滅します。
  4. 合わせたい箇所を点滅させた後、左のAボタンでアラーム時刻を設定します。
  5. アラーム時刻が設定出来たら、真ん中のBボタンを押して設定を完了させます。(アラームマークとONマークが表示されます。)
  6. アラームが鳴り始めたら、いずれかのボタンを押して解除します。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

普通の積算タイムの計測方法は皆さんご存知で使った事があると思いますが、実はスプリットタイムの計測も可能なんです。

軽くて使いやすいストップウオッチです。

YouTubeでも開封レビューを公開しています。こちらもご覧頂けますと使い方をより理解できるかもしれません。それでは。

この記事の動画「YouTube」へ