「α6100」「α6400」「α6600」をちょこっと比較。カメラ初心者向けです。【SONY/APS-C/ミラーレス一眼】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

前回の動画でお話したように、約1年間使用した「α6100」を「α6400」に買い換える事になり、現在一時的に手元には「α6100」「α6400」「α6600」の3台のカメラがあります。

「α6400」のレビュー記事↓

折角なので今回の動画では、3つのカメラのサイズや機能などを簡単に比較してみたいと思います。

カメラ初心者な自分の復習も兼ねて、内容は初心者向けです。

今回の動画は3つの項目です。

本体の比較、機能比較、最後にまとめです。

ツッキーツッキー

それでは、本体の比較をしていきたいと思います。

本体の比較

ミラーレス一眼

まず、「α6000」シリーズは本体にレンズを装着して使用するミラーレス一眼カメラです。

レンズは様々な種類が販売されていて、好みや撮りたい写真に合わせて選んで使用します。

(単焦点レンズやズームレンズ、F値の違うレンズなど様々あります)

また、選ぶレンズによって同じボディでも全く別物のカメラになったりもします。

ちなみに私は現在2本のレンズを所有しています。

どちらも「SONY」のレンズで、1つは単焦点レンズの「SEL35F18」。

「SONY/SEL35F18」のレビュー記事↓

もう1つは標準ズームレンズの「SEL1655G」です。

「SONY/SEL1655G」のレビュー記事↓

これらのレンズについて気になる方は以前にレビューしていますので過去の動画やブログ記事を是非ご覧ください。

センサーサイズ

センサーは「APS-C」というサイズのものが搭載されています。

ざっくり言うと、「フルサイズ」というセンサーと「RX100」のようなコンデジに搭載されている「1型」といわれるセンサーサイズの間にあるサイズです。

また、「APS-C」はフルサイズセンサーよりも小さいセンサーなので、カメラボディがコンパクトで価格もフルサイズのカメラより安いです。

外観比較

正面

3つのカメラを並べてみました。

正面から見て基本的に「α6100」と「α6400」の外観に違いはほぼ無いです。

上面(軍艦部)

上から見た感じです。

「α6600」はバッテリーが大容量な分、他の機種に比べてグリップが大きいです。

また、カスタムボタンも多く配置されてるのと、シャッターボタンのサイズが「α6600」は大きいです。

微妙な違いですが「α6100」と「α6400」のメニューダイヤルのサイズが違い、項目の数も違いがあります。

「α6600」はダイヤルのメニューの内容も変わってきます。

そして、「α6600」には内蔵フラッシュがありません。

背面

「α6100」と「α6400」で、「AELボタン」に違いがあります。

そして、「α6600」にはフラッシュボタンが無く、代わりにカスタムボタンが配置されています。

その他のボタン配置は3機種ともほぼ同じだと思います。

サイド

「α6600」にはモニター用のイヤホンジャックがあります。

「α6400」と「α6100」にはイヤホンジャックはありません。

それ以外の3つの端子は同じです。

質感の違い

機種材質の違い
α6600マグネシウム合金
α6400マグネシウム合金と高剛性プラ
α6100高剛性プラ

実際手に持ってみると、材質の違いが質感になって現れています。

素人にもわかります。

やはり「α6600」が一番高級感を感じます。

ツッキーツッキー

次は簡単に機能を比較してみたいと思います。

機能比較

静止画におけるカメラ機能は3機種ともほぼ変わりありません。

「有効画素数」「オートフォーカス方式」「常用ISO感度」や「連続撮影速度」などにも違いはありません。

主な共通の静止画機能【α6100/α6400/α6600】
有効画素数2420万画素/APS-C
オートフォーカス方式コントラストAF+像面位相差AF
常用ISO感度100-32000
連続撮影速度11コマ/秒(AF/AE追随)

ただ、動画機能をはじめとして細かいところで少しずつ違いがあります。

前回の動画でもお話しましたが、「ドロップフレーム設定」「ピクチャープロファイル」「水準器表示」「アンチダスト機能の有無」「動画撮影時に瞳オートフォーカスが使えない」

その他、「ファインダーの性能」など、全部盛りの「α6600」と比べると少しずつ機能が削られています。

動画機能【α6600/α6400】【α6100】
ドロップフレーム設定有り無し
ピクチャープロファイル有り無し
水準器有り無し
アンチダスト機能有り無し
動画撮影時の瞳オートフォーカスα6600有り
α6400無し
無し

ツッキーツッキー

次はまとめです。

まとめ

如何だったでしょうか。

私の場合は動画機として「α6100」を使用した結果、「α6400」に買い換える事にしました。

最近では「FX3」や「α7SⅢ」などが世間を騒がせていますが、カメラ初心者の私的には現在のところ「α6000」シリーズをもっと機能を引き出していけるように勉強をしていきたいなと思っています。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ