ツキシマブログ

-Tsukishima's room-

超越重鉄タップ二個口の開封レビューと購入した理由。仕上げが美しいです。【プロケーブル/DTM/電源タップ/オーディオ/リスニング】

前回オヤイデの電源タップ「OCB-1 EXsⅡ」を開封レビューしました。 今回は、もう1つ購入した電源タップの「プロケーブル/超越重鉄タップ二個口」を開封レビューしていきたいと思います。 目次です。 開封、各部の確認と仕様、購入した理由とまとめ、最後に次回予告です。

初めてのアップルウォッチ。「Series7」を開封レビューしました。【Apple Watch/41mm/スターライトアルミニウム/スポーツバンド/ペアリング】

今回「Apple Watch」の「Series7」を購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。 目次です。 開封、内容物の確認、設定してみる、購入した理由、最後にまとめと次回予告です。

憧れの電源タップ「オヤイデ電気/OCB-1 EXsⅡ 2.0m」の開封レビューと購入した理由。【DTM/oyaide/オーディオ/リスニング】

今回はオヤイデ電気の電源タップを開封レビューしていきたいと思います。 購入したのは「OCB-1 EXsⅡ」というモデルです。 目次です。 開封、内容物の確認、各部の確認と仕様、購入した理由、最後にまとめと次回予告です。

ニンテンドースイッチの3機種を比較しました。有機ELモデルと従来モデルとスイッチライト。【任天堂/Nintendo Switch Lite】

現在私の手元には「有機ELモデル」「従来モデル」「スイッチライト」の3種類のニンテンドースイッチがありますので、有機ELモデルの特徴を見ながら簡単に比較などをしてみたいと思います。 目次です。 有機ELモデルの変わった点、従来モデルと変わらなかった点、最後にまとめです。

プロコンのペアリング方法の解説。【Bluetooth/有線接続/Nintendo Switch Proコントローラー/ニンテンドースイッチ/任天堂】

今回はプロコンのペアリング方法を動画にしてみました。 新しく購入した有機ELモデルとペアリングしたいと思います。 目次です。 無線でペアリングする方法、スイッチに取り付けてペアリングする方法、最後にまとめです。

アイソレーション電源トランス開封レビュー。【DTM/プロケーブル/600W/100V仕様/ギタリスト電源/ベルデンシールド/スター電器/オーディオ/リスニング】

DTM環境の電源周りを強化をしていきたいと思い、プロケーブル社のアイソレーション電源トランスを購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。 ベルデンケーブル仕様で、色はブラックを選びました。 目次です。 開封、内容物の確認、各部の確認と仕様、購入した理由とまとめ、最後に次回予告です。

【初心者向け】ニンテンドースイッチのmicroSDカードの使い方と容量不足の回避方法。【Nintendo Switch/任天堂】

ニンテンドースイッチはmicroSDカードを使用することが出来ます。 今回はデータ管理について、自分の備忘録も兼ねてまとめてみました。 目次です。 データの種類と保存先、容量の大きいデータ、まとめてデータ整理、ソフトのデータを本体とSDカード間で移動する、最後にまとめと次回予告です。

【初心者向け】ニンテンドースイッチの初回設定とユーザーアカウント引っ越しの方法【Nintendo Switch/任天堂】

こんにちは、ツキシマです。 新しく購入したニンテンドースイッチに、古いスイッチからユーザーアカウントとセーブデータを引っ越ししたいと思います。 目次です。 新しいスイッチの初期設定、古いスイッチでの準備と操作、引っ越し、最後にまとめと次回予告です。

ネックをしっかりホールド。ハーキュレス「GS415B PLUS」ギタースタンド開封レビュー。【HERCULES STANDS/ベース/アコギ】

ずっと気になっていたハーキュレスのギタースタンドを購入しましたので、開封レビューをしていきたいと思います。 最大の特徴はネックをしっかりホールドする吊り下げ式のギタースタンドで、片手で操作出来ることです。 今回の動画は8つの項目です。 開封、内容物の確認、スタンドの組み立てと各部の確認、ギターを吊り下げてみる、仕様と特徴、購入した理由、モデルの違い、最後にまとめと次回予告です。

ガイド枠と4枚入りで安心。ニンテンドースイッチ有機ELモデル用液晶保護ガラスフィルム開封レビュー。【Nintendo Switch/任天堂/iVoler/使い方】

新しいニンテンドースイッチの有機ELモデルに使用するために液晶保護ガラスを購入しました。 ガイド枠付きです。 発売したばかりのスイッチのガイド枠付きフィルムが(もう)売っていることに驚きましたが、枠があった方が綺麗に貼れますのでこの商品を選びました。 目次です。 開封と内容物の確認、液晶保護ガラスフィルム貼り付け、最後にまとめと次回予告です。

ニンテンドースイッチ有機ELモデルの開封レビュー。画面と有線LANがポイントです。【Nintendo Switch/任天堂】

「ニンテンドースイッチ有機ELモデル」を購入することが出来ましたので、開封レビューをしていきたいと思います。 新しいモデルのカラーはホワイトを選択しました。 目次です。 パッケージの確認と開封、本体各部の確認、スイッチのはじめかた、最後にまとめと次回予告です。

ギターを5本立てられるスタンド「K&M 17515」の長期使用レビュー【Guardian5/折りたたみ式/使い方/比較】

今回は、5本立てられるギタースタンドの「K&M 17515」のレビューをしていきたいと思います。 ギターを弾いていると、色々な音やデザインを求めて本数が増えてきてしまいます。 それらを1箇所にまとめて保管できますので、複数立てられるスタンドはありがたいです。 今回の動画は4つの項目です。 スタンド各部の確認と仕様、実際にギターを立ててみる、モデルの違い、最後にまとめと次回予告です。

コスパ良し!Fenderエレキギター用ギグバッグ開封レビュー。【Fender FE620 Electric Guitar Gig Bag/ケース/フェンダー】

今回は「Fender」のエレキギター用ギグバッグ「FE620 Electric Guitar Gig Bag」を購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。 目次です。 開封、ギグバッグ各部の確認と特徴、ギターや小物を入れてみる、購入した理由、最後にまとめと次回予告です。

【プレベの弾き比べ】Fender USA American Original ‘60s VS Fender MEX ‘50s Precision Bass【プレシジョンベース/比較】

今回は、ここまでレビューしてきた「Fender USA American Original ‘60s Precision Bass」と「Fender MEX ‘50s Precision Bass」を弾き比べしてみたいと思います。 目次です。 指弾き、ピック弾き、最後にまとめと次回予告です。 ベースは「Kemper」に接続して「ProTools」で録音しています。 使用したアンプモデルは「Ampeg B-15」というアンプをモデリングした「Rig」です。

【Fenderプレベボディ比較】American Original ‘60s VS ’50s Precision Bass【USA vs MEX/プレシジョンベース】

今回は2本のプレシジョンベースを並べて比較してみたいと思います。 プレベに興味のある方は気軽に観て下さい。 比較するのは「Fender USA American Original ‘60s Precision Bass」と「Fender MEX 50's Precision Bass」です。 50年代と60年代のプレベモデルです。 今回の動画ではボディやパーツの比較、次回は音の比較をしたいと思います。

初めての手帳型スマホケース。iPhone12とiPhone12Pro用です。【LOOF Pastel/LooCo/本革/開封レビュー/Apple】

こんにちは、ツキシマです。 食わず嫌いはいけないと思い、スマホの手帳型のケースに挑戦してみることにしました。 購入したのは「LooCo」という会社の「LOOF Pastel」というシリーズです。

ベース弦の違いによるノイズ比較検証。コーティング弦とノーマル弦【弦アース/ダダリオEXL165/エリクサー14077/Fender/プレベ】

フェンダーメキシコのプレベに張っていたエリクサーのコーティング弦を外して、コーティングされていないダダリオの弦に交換しました。 今回の動画では、同じエレキベースでコーティング弦とコーティングされていない弦を使い同じフレーズを演奏した場合、ノイズの違いがどのようになるのか比較検証をしていきたいと思います。 目次です。 コーティング弦のノイズの確認、同じフレーズを弾いてみる、比較、最後にまとめと次回予告です。

弦を切る専用。MUSIC NOMADグリップカッター開封レビュー。【ギター/ベース/MN226/ストリングカットツール】

ギターやベースの弦交換の時に、どうしても弦を切る必要があります。 今までは使い捨てと割り切って百均のニッパーを使用していましたが、専用のストリングカットツールを購入してみました。 「MUSIC NOMAD」社の「グリップカッター」という商品で型番は「MN226」です。 先日はネックサポートをレビューしましたが、「MUSIC NOMAD」社の製品が我が家にも増えてきました。 目次です。 パッケージの確認と開封、実際に弦をカットしてみる、最後にまとめと次回予告です。