【開封レビュー】リフレクションフィルターを買い直した3つの理由【SE electronics RF-X】【レコーディング/ノイズ/吸音/比較】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回はリフレクションフィルターをSE electronics社のRF-Xに買い直しました。

その理由やレビューなど、6つの項目に分けてお話ししたいと思います。

目次です。

開封、内容物の確認、リフレクションフィルターとは、設置してみる、RF-Xを書い直した理由、さいごにまとめです。

開封

ツッキーツッキー

それでは、開封していきます。

大きい箱です。

カラーバリエーションが3色あるのですが、今回白を購入してみました。

ダンボール箱の中に各種書類と付属品が入っていました。

ビニールから本体を出します。

フィルターを上から見るとこんな感じです。

付属品など全て取り出しました。

ツッキーツッキー

次は内容物の確認です。

内容物の確認

リフレクションフィルター本体

素材は外側の通気孔付き複合素材によるパネル、ウール生地層、エアギャップ層、内側の発泡フォーム層の4層で構成されています。

そして軽量です。

約2kgくらいです。

今まで使用していたマランツのフィルターは金属パネルが採用されていて約3kgです。

1kgの差は大きいです。

マランツのフィルターのレビュー記事↓

カラーは3色あります。

黒と白と赤です。

以前は黒を使用していたので今回は白にしてみました。

マウンティングブラケット

マイクスタンドとフィルターを固定する金具です。

このL字型のブラケットが、今回買い直したいと思った最大の理由です。

取扱説明書、保証書、ステッカー

説明書類、ステッカー等です。

リフレクションフィルターとは

ツッキーツッキー

リフレクションフィルターについてのお話です。

まず、リフレクションは反射音の事を云います。(下図参照)

レコーディングする際に単一指向性のマイクを使用したとしても、部屋の反射音はどうしても拾ってしまいます。

単一指向性マイク↓

それを少しでも軽減する為に、マイクの後ろに設置するリフレクションフィルターが必要になります。

マルチレイヤーデザインによって、余計な色付けをすることなく全ての周波数帯域で均等なフィルタリング効果が望めます。

SE electronics

設置してみる

ツッキーツッキー

マイクスタンドに設置してみたいと思います。

1.マイクスタンドにブラケットを固定する

2.フィルターを装着する

3.マイクスタンドを設置する

4.完成!

RF-Xを買い直した理由

買い直した理由

元々数年前からこの「RF-X」を使用していて、常にマイクスタンドに設置していました。

ところが半年ほど前から動画投稿を始めてナレーションをする事が多くなりましたので、卓上でも使えるリフレクションフィルターは無いものかと思い、マランツのリフレクションフィルターを見つけました。

下の画像のように脚が付いていて、マイクスタンドでも卓上でもどちらでも使えるのでこれは良いなと思い購入しました。

ツッキーツッキー

しかし購入後、マランツのリフレクションフィルターを使用してみて、思い描いていたのとちょっと違うなと思った事が3つありました。

ポイント
  1. マイクスタンドに取り付ける時のフィルターの位置
  2. 吸音材の形状
  3. 卓上で使用するには少々大きい

ポイント1

1.マイクスタンドに取り付ける時のフィルターの位置

マイクスタンドに固定する時に、マランツのフィルターは前後に位置を調整する事が出来ません。

フィルターの位置が固定されていてマイクが前に出てくる感じになり、必然的に立ち位置が以前より後ろになります。

これは狭い自宅だと困ります。

対して「RF-X」だと、フィルターの位置を前後に調整出来ますのでスペースに対して無理なく設置出来ます。

フィルターを目一杯後ろにしたり、少し前に出したり、高さも好みに合わせて微調整出来ます。

そういった点でRF-Xの方が私には合っていました。

ポイント2

2.吸音材の形状

マランツのフィルターを装着してマイクの前に立ってみたところ、吸音材の形状に目が回って少しクラクラしてしまいました。

遠近感が狂う感じです。

私にはこの形状は合わないみたいです。

RF-Xの時は全然平気でした。

ポイント3

3.卓上で使用するには少々大きい

私のDTM用のデスクではマランツのフィルターは大き過ぎました。

また、実際にリフレクションフィルターをマイクスタンドに付けたり外したりするのは大変な作業です。

結局はスタンドに設置しっぱなしでしたので、マランツのフィルターである理由が無くなっていました。

ツッキーツッキー

そんな経緯があり、RF-Xを今回購入しました。

さいごにまとめ

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

マランツのフィルターは、デザインはカッコいいと思いますし、実際に使用してみて吸音能力はすごく感じました。

たまたま私には合わなかっただけで素晴らしいリフレクションフィルターだと思います。

「RF-X」は、エントリーモデルですが、軽量でフィルターのポジションも微調整できますので狭い防音室では重宝します。

吸音能力も問題無いと思います。

ツッキーツッキー

それでは最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ