【解説】Roland MIDIキーボードコントローラー A-49を設定する方法の動画【Mac/Windows/Studio One】【DTM/DAW】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回はRolandのMIDIキーボードA-49をパソコンで使うための設定方法を動画にしました。

先日MacBookProを購入したので設定しようと時に、久しぶりだったのでやり方を忘れて戸惑う部分がありました。

↓MacBookProの開封レビュー記事

特にMacでの設定が少し解りにくい感じです。

初心者の方の参考になれば幸いですし、私の備忘録としても記録してみました。

ツッキーツッキー

それでは、Mac編から始めていきたいと思います。

Mac編

手順

ツッキーツッキー

手順は3つです。

手順
  1. Rolandのホームページより最新のドライバーをダウンロードする。
  2. ドライバーをインストールする。
  3. audio MIDIのアプリケーションで設定する。

まずキーボードは最後に接続して下さい

ドライバーをインストールしていないとUSBケーブルを挿しても何も反応しませんし、電源ランプも点きません。

ドライバーが無い状態でMacに接続してみました。

ドライバーが入っていればキーボードのパワーランプが点灯しますが今は点きません。

それではこれからドライバーをダウンロードしてインストールしていきます。

その前にキーボードは必ずパソコンから外してください。

ドライバーのダウンロード

ツッキーツッキー

RolandのホームページのA-49の製品ページより最新のドライバーをダウンロードをします。

このページの下に行くと「Dawnloads」というリンクがありますのでここをクリックします。

アップデーター&ドライバーのページで最新のドライバーをダ選択します。OS Xのバージョンを間違えないように注意して下さい。

同意するにチェックを入れてダウンロードします。

ドライバーのインストール

ツッキーツッキー

ダウンロードしたドライバーをインストールしていきます。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして展開して解凍します。

ファイルを開くと一番左にある段ボールのようなアイコンがインストーラーですのでダブルクリックします。

指示に従いインストールを進めていきます。

「インストールが完了しました。」と表示されたら再起動します。

ツッキーツッキー

続いて「Install Helper」というプログラムを用いて正しくインストールされているか確認します。

今回は「ドライバーの読み込みが許可されていません。」と表示されてしまいました。

セキュリティー環境設定を開いて解決していきます。

左下の鍵マークのアイコンをクリックしてパスワードを入力します。

そして「許可」というボタンをクリックします。

これで完了です。

もう一度「Install Helper」を起動してみると「完了」と表示されました。

「キーボードを接続して下さい」と書いてありますので接続していきます。

キーボードの接続

ツッキーツッキー

キーボードをUSBケーブルでMacに接続して、キーボードの電源ランプが点灯するかを確認します。

電源ランプが点きました。

ただ、これだけではMIDIキーボードとして使用できませんので、次にアプリケーションを使用して設定をしていきます。

Audio MIDIの設定

ツッキーツッキー

次にMacの中にある「Audio MIDI」というアプリケーションを使い、キーボードの送受信の設定を行います。

「ファインダー」を開き「アプリケーション」を開きます。

次に「ユーティリティー」のフォルダを開きます。

この中に「Audio Midi」がありますのでダブルクリックします。

「Audio Midi」が起動しました。

上のバーから「ウインドウ」→「MIDIスタジオを表示」を選択します。

「MIDIスタジオ」が開きました。ここで設定を行います。

ます「A-Series Keyboard」と認識されているか確認して下さい。

次に上の「+」というボタンを2回クリックします。

そうしますと「新しい外部装置」が2つ作られます。

1つ目の「新しい外部装置」をダブルクリックし、装置名を「Keyboard」にします。

2つ目は「MIDI OUT」にします。

ちなみに名前は任意です。

そして、それぞれの装置の向きが同じ口を繋ぎます。

最終的にこのような形で接続します。

これで接続は完了です。

確認

MIDIキーボードがきちんと接続されてデータが送受信されているか確認していきます。

MIDIスタジオの右上にあるキーボードのアイコンをクリックします。

ここでMIDI設定をテストできます。

鍵盤を弾いてみると装置の接続部分が青く光ります。

これでMIDIキーボードは正常に設定できました。

Windows編

それではWindowsパソコンにも設定していきたいと思います。

キーボードはまだ接続しないで下さい。

手順

ツッキーツッキー

手順は2つです。

手順
  1. Rolandのホームページより最新のドライバーをダウンロードする。
  2. ドライバーをインストールする。

ドライバーのダウンロード

ツッキーツッキー

Macの時と同じくRolandのホームページのA-49の製品ページよりWindows用の最新のドライバーを選択をします。

同意してダウンロードします。

ドライバーのインストール

ツッキーツッキー

ダウンロードしたドライバーをインストールしまていきす。

圧縮されたファイルですのでダブルクリックします。

解凍されたファイルの3つ目のところに「Setup」がありますのでクリックしてインストールします。

インストールを完了させます。

キーボードの接続

ツッキーツッキー

USBケーブルでキーボードを接続します。

パワーランプが点灯すれば認識されています。

Windowsの場合はMacのように「AudioMidi」のような設定はありません。

Studio OneでのMIDIキーボード設定

ツッキーツッキー

今回はDAWソフトの「Studio One」でこのMIDIキーボードを使う為の設定をしてみます。

動画内では説明が素早い感じになっています。スミマセン(汗)。以下に手順を書きます。

設定手順
  1. 上のタブから「Studio One」をクリック
  2. リストの中から「オプション」をクリック
  3. 「外部デバイス」のタブを指定する。
  4. 「追加」のボタンをクリック
  5. 「製造元」と「デバイス名」を入力
  6. 「受信元」のプルダウンメニューから使用するキーボードを指定する
  7. 「OK」をクリックする

上のタブから「Studio One」をクリックしてリストの中から「オプション」をクリックします。

「外部デバイス」タブを選択して左下の「追加」をクリックします。

ここでMIDIキーボードを追加します。

私は名前を「Roland」にしてデバイス名を「A-49」としました。

そして、「受信元」というタブをクリックし、「A-Series Keyboard(エミュレート済み)」を選択します。

リストに追加されました。

ツッキーツッキー

以上で設定は完了です。これで「Studio One」でキーボードが使える状態になりました。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。Macでの設定が少し難しいなと思います。皆さんの参考になってくれれば嬉しいです。

RolandのA-49はとっても使い易くて良いMIDIキーボードだと思います。

それでは、最後まで御覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ