【レビュー編】ハードウェアエンコードのゲームキャプチャーボード AverMedia AVT-C878 PLUSの動画 その1

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、キャプチャーボードの「AverMedia AVT-C878 PLUS」のレビューをしていきたいと思います。

キャプチャーボードは様々なタイプの製品がありますが、その違いなど4つの項目に分けてレビューをしていきます。

目次です。

また、今回はレビュー編で、次回は実践編です。

ツッキーツッキー

それでは、内容物の確認から始めていきたいと思います。

パッケージと内容物の確認

パッケージ

開封済みですが、パッケージはこんな感じです。

正面です。

横。

裏面です。

内容物

内容物
  1. ゲームキャプチャー本体
  2. クイックガイド
  3. Power Director 15 ライセンスカード
  4. USB2.0ケーブル
  5. HDMIケーブル
  6. 3.5mmステレオオーディオケーブル(4極)

キャプチャーボードとは

ツッキーツッキー

キャプチャーボードについて3つの項目でお話したいと思います。

キャプチャーボードとは

キャプチャーボードとは、TVゲーム機などの画面をパソコンに映して、録画やライブ配信が出来る周辺機器です。

パソコンやスマホの画面キャプチャーも可能です。

ソフトウェアエンコードとハードウェアエンコード

エンコードとは「変換や圧縮」の事を言います。

ゲーム画面を録画するのに必要な作業です。

そして、キャプチャーボードのエンコード方式は2つあります。

ソフトウェアエンコード

パソコンにインストールしたソフトウェアでエンコード処理をする機器を指します。

その為、パソコンにかかる負荷が大きいです。

そして、遅延についてです。

ゲーム機からキャプチャーボードを通してパソコンのソフトウェアで録画していますので、そこに映る画面は当然遅れてきます。

そうすると、ゲームしづらいです。

ですが、次にお話しするハードウェアエンコードの機器よりはソフトウェアエンコードの機器の方が遅延は少ないです。

ハードウェアエンコード

今回レビューしている「AVT-878 PLUS」はハードウェアエンコードの機器です。

このタイプだと、この機器の中でエンコード処理をしますので、パソコンにかかる負荷は少なくなります

私はノートパソコンを使っていますので、パソコンへの負荷が少ないこのタイプを選びました。

デメリットは機器の中でエンコード処理をした後に、パソコンのソフトウェアにゲーム画面を映していますので、遅延が大きいです。

エンコードまとめ

  • ソフトウェアエンコードはパソコンにかかる負荷が大きいが遅延が少ない。
  • ハードウェアエンコードはパソコンにかかる負荷は小さいが、遅延は大きい

パススルー

最近のキャプチャーボードにはたいていパススルー機能が搭載されています。

パススルー機能があると、キャプチャーボードに映像の出力端子が搭載されていて、遅延の無いゲーム画像を別のモニターに出力する事が可能になります。

遅延があるとゲームをまともに操作出来ませんので必要な機能になります。

ツッキーツッキー

以上がキャプチャーボードを選ぶ際に気をつける事の基本になります。

本体各部の確認と使い方

それでは本体各部を詳しく見ていきたいと思います。

本体上部には大きなボタンがあり、これは録画スタートボタンと本体の状態を示すランプです。

このゲームキャプチャーは、この本体にゲーム機を接続してそのまま録画出来る「単体録画モード」というものがありますので、その時にこのボタンを押して録画の開始と停止をします。

正面右側にはモード切り替えスイッチがあります。

パソコンに接続するモードと単体録画モード、カードリーダーモードを選択します。

その隣が音量調整ボタンと音量状態ランプです。

このボタンではヘッドセットからのマイクの音量を調節出来ます。

ランプが赤いとミュート状態です。

また、ゲームの音量やマイクの音量の細かい設定は付属のソフトウェアで行う事が出来ます。

ツッキーツッキー

私は最初、これに気付かなかったので音量調節のやり方が分からず苦労しました。

正面左側にはパーティーチャット用ボタンとヘッドセット用端子(4極)があります。

背面右側から、microSDメモリーカードスロット、単体録画モードで直接録画する時に使用します。

USB⒉0端子、パソコンに接続したり単体で使う場合は給電ポートとして機能します。

HDMIの入力端子と出力端子です。入力にはゲーム機、出力にはモニターを接続します。

まとめ

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

AVT-878 PLUSは非常にコンパクトで邪魔にならないので気に入っています。

初めて購入したキャプチャーボードですので他の機種との比較は出来ないのですが、USB2.0でパソコンに接続するのは少し驚きました。

とりあえず実際使用してみて問題は無い様です。

また、Macに対応しているのも購入した理由の1つです。

次回の娯楽堂の動画では、実際にパソコンとゲーム機を接続して、ゲーム画面のキャプチャーをしてみたいと思います。

次回のブログ記事↓

ツッキーツッキー

それでは最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ