【開封レビュー】シグマ 単焦点レンズ【16mm F1.4 DC DN】を購入しました。【デジタル一眼カメラ/ミラーレス/APS-C/SIGMA/Contemporary】【カメラ初心者】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

デジタル一眼カメラEマウント用レンズ「シグマ 16mm F1.4 DC DN」を購入したので、開封レビューをしていきたいと思います。

目次です。

今回の動画では、6つの項目に分けて特徴や購入理由をお話ししていきます。

ツッキーツッキー

それでは、開封から始めていきたいと思います。

開封

白いパッケージです。

蓋を開けると、直ぐに保証書があります。

上から見るとこんな感じに入っています。

*箱の右の部分に青いシミのようなものが写っていますが、これは動画のフレームを書き出した時に写っているもので実際にはありません。

レンズ本体を取り出します。

緩衝材を開けます。

フードと合わさる形で入っています。

レンズを袋から取り出します。

全部取り出す事が出来ました。

ツッキーツッキー

次は、内容物と購入したアクセサリーを見ていきます。

内容物と購入したアクセサリー

「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」の内容物

  • レンズ本体
  • フード
  • 取扱説明書と保証書

購入したアクセサリー

  • レンズフィルター67mm

ツッキーツッキー

次は、レンズにフィルターを取り付けて、カメラに装着していきたいと思います。

レンズ装着

レンズとレンズフィルターと「SONY α6600」です。

レンズ保護フィルター取り付け

まずレンズフィルターを取り付けていきます。

息を止めてそーっとやっています。

このレンズも固定するために、たくさんフィルターを回します。

ここでふと思ったのですが、結構レンズはズッシリしています。

重さは約405gあります。

カメラにレンズ取り付け

それでは、レンズをカメラに装着します。

キャップを外して、いざ勝負。

頑張って下向きにして装着しようとしています、、、

なんとか無事に装着出来ました!

フードを取り付けてみました。

ツッキーツッキー

次は、レンズの特徴をみていきたいと思います。

レンズの特徴

単焦点レンズ

このレンズは単焦点レンズでズーム機能はありません。

自分自身が被写体に近寄ったり離れたりして、構図を決めたりピントを合わせます。

前回開封レビューしたSONYのSEL35F18と同じですね。

ブログ記事↓

F値は1.4

F値はレンズの明るさの事で、この数値が低いほど明るい画が撮れます。

また、同様に数値が低いほど背景がよくボケます。

焦点距離は16mmでフルサイズ換算で24mm

焦点距離と画角について。

この数値が低いほど広角、つまり広い画角で画が撮れます。

このレンズは16mmでフルサイズ換算24mmです。

前回レビューしたSonyのレンズ「SEL35F18」は35mmでフルサイズ換算52.5mmですので、Sony のレンズより広い画角で撮影出来ます。

因みに、画角が広ければいいレンズということではありません。

手振れ補正機能は無し

このレンズには手振れ補正機能はありませんが、α6600にはボディ内手ぶれ補正がありますし、私は基本的に手持ち撮影はしませんので特には問題無いと思います。

レンズの特徴まとめ
  1. 単焦点レンズ
  2. F値は1.4
  3. 焦点距離は16mmでフルサイズ換算で24mm
  4. 手振れ補正機能は無し

ツッキーツッキー

次は、このレンズを購入した理由をみていきたいと思います。

カメラ初心者がこのレンズを購入した理由

理由1

・F値1.4

F値は1.4でとても明るいです。

室内で撮影している自分にはありがたいレンズです。

理由2

・焦点距離

焦点距離はフルサイズ換算で24mmという事で、これは今までメインで使用してきたRX100M4と同じですので使いやすいと思います。

これからはこの24mmと、SONYの交換レンズの52.5mmの焦点距離とRX100M4で撮影していく事になります。

購入した理由まとめ
  1. F値
  2. 焦点距離

さいごに

これからは「α6600」にシグマのレンズ、「α6100」にSONYのレンズを装着して、この2台とたまにRX100で動画を撮影していく予定でいます。

カメラ初心者ですので、細かい設定もこれから覚えてマスターしていきたいと思います。

オートでの撮影はそろそろ卒業したいです。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ