サンディスクのSDカードを購入。開封レビューとベンチマーク確認をしました。【128GB/SDXC/Class10/SanDisk/Ultra/SDSDUNR-128G-GHENN/エコパッケージ】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

サンディスクのSDカードを購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。

128GBを2枚購入しました。

今回の動画は5つの項目です。

開封して内容物の確認、仕様と特徴の確認、ソフトウェアで速度を測り、他のSDカードと比較しました。

そして、購入した理由とまとめです。

ツッキーツッキー

それでは、開封していきます。

開封と内容物の確認

開封

パッケージ裏に開封用のペリペリがあります。

うまく切れませんでした。2枚目の方もこんな感じでした。

取扱説明書が出てきました。

SDカードです。ケースに入っています。

これで全部です。

内容物の確認

ツッキーツッキー

内容物です。エコパッケージですのでシンプルですね。

内容物
  • SDカード本体

  • 取扱説明書

仕様と特徴の確認

ツッキーツッキー

仕様と特徴の確認をしていきたいと思います。

仕様と特徴
  1. 読取りが1秒間に最大100MB100MB/秒)

  2. フルHD動画に適したCLASS10に対応

  3. 高い耐久性・防水・耐温度・耐衝撃・耐X

  4. 安心の10年間保証

ベンチマークと比較

ツッキーツッキー

ベンチマークをしてスピードテストをしてみました。

サンディスク128GB

まず今回購入したサンディスクの128GBです。

商品説明では1秒間に(読取り)最大100MBとありました。

仕様

SanDisk Ultra仕様
フラッシュメモリタイプSDXCカード
スピードクラスクラス10
メモリストレージ容量128GB
読み取り最大100MB/秒
製品サイズ0.21 x 3.2 x 2.4 cm
重量2g

ベンチマーク結果

読み込みは「92.42MB/s」書き込みは「39.73MB/s」でした。

私的には「(読取り)90MB/s」以上出ていれば満足です。

トランセンド64GB

次は「RX100」で使用していたトランセンドの64GBのメモリーカードです。

このカードはもう10年近く前に購入した気がします。

覚えていません。

カードを見ても読み書きの速度は不明です。

いつも転送に時間が掛かり、今回SDカードを新しく購入するきっかけになったカードです。

仕様

Transcend仕様
フラッシュメモリタイプSDXCカード
スピードクラスクラス10
メモリストレージ容量64GB
読み取り最大不明
製品サイズ0.21 x 3.2 x 2.4 cm
重量2g

ベンチマーク結果

初めて計測したのですがやはり遅いです。

1秒間に「(読取り)23.46MB」ですので、今回購入したSDカードの約4分の1の速度という事になります。

TEAM128GB

このカードは購入してまだ1年くらいです。

「α6100」で使用していました。

仕様

TEAM GROUP仕様
フラッシュメモリタイプmicroSDXC
高速転送U3 V30 A1対応
メモリストレージ容量128GB
読み取り最大90MB/s
製品サイズ0.21 x 3.2 x 2.4 cm
重量2g

ベンチマーク結果

読み込みは「91.38MB/s」書き込みは「38.68MB/s」でした。

読み込みは商品の仕様を上回る結果になりました。

トランセンド128GB

「a6600」で使用しているトランセンドの128GBのカードです。

いつ頃購入したのか覚えていないのですが、そんなに昔では無くここ1,2年くらいに購入したものだと思います。

仕様

Transcend仕様
フラッシュメモリタイプSDXCカード
スピードクラスクラス10
メモリストレージ容量128GB
読み取り最大90MB/s
製品サイズ0.21 x 3.2 x 2.4 cm
重量2g

ベンチマーク結果

読み込みが「89.41MB/s」書き込みが「52.08MB/s」でした。

書き込み速度が一番早かったのが意外でした。

購入した理由

ツッキーツッキー

購入した理由です。

使う目的は、動画撮影用カメラの「RX100」と「α6100」に使用するために2枚購入しました。

まず「RX100」に使用していたSDカードを買い換えた理由は、転送速度が遅かったのと、64GBよりもっと容量が欲しかった為です。

このSDカードはだいぶ前に購入したものですので、パソコンにデータを取り込むのに時間がかかり不満がありました。

また、「α6100」で使用していたSDカードはTEAMのmicroSDXCカードです。

容量と転送速度に不満は無かったのですが、このカードは読み込みのエラーが多くてパソコンに認識されるまで2度3度と挿し直しが必要でした。

その為に、スムーズにデータ転送できないケースが多いカードでその分手間がかかりました。

一番安定していたのが、「α6600」で使用しているトランセンドのSDカードです。

このSDカードに不満は無いので、このカードに近いものを今回は探して選びました。

まとめ

如何だったでしょうか。

はじめは64GBで転送速度が1秒間に150MBのSDカードを検討していましたが、価格が2倍くらい高かったので今回は速度より容量を選びました。

SDカードも様々なスペックのカードがありますので、予算や用途、安定性や寿命などを考慮しながら選ぶのは大変です。

ツッキーツッキー

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ