方向が自由自在!?「H3-VR」で録音した素材を「ZOOM Ambisonics Player」で操作する。【#2/アンビソニックス/バイノーラル/録音サンプルあり】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

前回の「ZOOM H3-VR」のレビューに続き、今回は「H3-VR」で録音した音源を管理編集するソフトウェアの「ZOOM Ambisonics Player」を操作しながら見ていきたいと思います。

前回のブログ記事↓

動画の目次です。

5つの項目に分けてお話していきます。

また、使用する音源素材は「Ambisonics A」でアコースティックギターを録音した音素材です。

ツッキーツッキー

今回の内容はちょっとマニアックかもです。。。

H3-VRで録音できるフォーマット

ツッキーツッキー

H3-VR」で録音できるフォーマットは大きく分けて3種類あります。

録音できるフォーマット
  • 2chステレオ
  • バイノーラル
  • アンビソニックス

上記の中で「ステレオ」「バイノーラル」で録音した音は、「ZOOM Ambisonics Player」に読み込んでもたいした操作はできません。

必要な箇所をトリミングして書き出すぐらいです。

一方、「アンビソニックス」のフォーマットで録音すると、「ZOOM Ambisonics Player」で様々な事が行えます。

例えば、「ステレオ」や「バイノーラル」「5.1chサラウンド」に変換して書き出したり、音の聴こえる方向を変えて書き出したり再生する事が出来ます。

ツッキーツッキー

次は「アンビソニックス」について見ていきたいと思います。

Ambisonicsとは

概要

「Ambisonics」とは、近年「VR」や「AR」「360度の映像」などの新しい体験型コンテンツの普及に伴い、音楽やサウンドにも同じような立体的な音響が求められるようになってきています。

「Ambisonics」フォーマットの仕組み

「Ambisonics」フォーマットの仕組みは、複数のマイクで「上下」「左右」「前後」の全方位の音を収録します。

その複数トラックの音源を加工して任意の方向の音を取り出す事ができる技術です。

「Aフォーマット」と「Bフォーマット」

「Ambisonics」には「Aフォーマット」と「Bフォーマット」があります。

Aフォーマット

「Aフォーマット」は、4つの単一指向性マイクで録音したままの音声ファイルです。

このフォーマットのままでは全方位の音を再現できません。 

後にソフトウェアで任意で加工する事で全方位の音の再生や書き出しが可能になります。

Bフォーマット

「Bフォーマット」は「A フォーマット」を加工し、4つのチャンネル(W/X/Y/Z)に振り分けた音声データです。

「H3-VR」では、「FuMa」と「AmbiX」に対応しています。

「Aフォーマット」から「Bフォーマット」へ変換したり、「Bフォーマット」の音源でも音の方向を変化させて再生や書き出しが可能です。

「アンビソニックス」の意味

「アンビソニックス」の意味は、イマーシブ3Dオーディオのフォーマットの1種で360度の球体の音場で録音と再生が可能なものです。

(イマーシブは没入感の意味でイマーシブオーディオは没入感の高いオーディオです。)

ツッキーツッキー

次は実際にソフトウェアを見ていきたいと思います。

ZOOM Ambisonics Player

ツッキーツッキー

「ZOOM Ambisonics Player」を立ち上げました。

画面の左側から見ていきます。

再生デバイスセレクター

左上の赤枠が再生デバイスを選択するタブです。

オーディオインターフェイスやパソコンのヘッドホンなど、モニターするデバイスを選択します。

今は「RME」の「FIREFACE UCX」が選択されています。

右の小さい矢印をクリックすると選べるソースが表示されます。

ファイルリスト

再生デバイスセレクター下の赤枠がファイルリストです。

「H3-VR」で録音したファイルを読み込めます。

現在は空の状態です。

下の「Add Files」をクリックしてファイルを選択するか、ドラックアンドドロップでファイルを読み込みます。

「Add Files」をクリックしてみます。

「Documents」が表示されますので、「Desktop」→「H3-VR」と進みます。

ここに表示されるファイルは全て「H3-VR」で録音したファイルですので、選択して「Open」を押すと全て読み込まれます。

ファイルリストにファイル名とフォーマットが表示されました。

他に読み込む方法としては、「フォルダー」を開いて「ファイル」を選択して、これをドラッグアンドドロップしても読み込む事が出来ます。

再生モードボタン

上部の赤枠部分は再生モードボタンです。

再生する音声形式や変換する音声形式を選択します。

「ステレオ」「バイノーラル」で録音した音声形式は変更できませんが、「アンビソニックス形式」で録音したファイルは他の形式に変更できます。

トランスポーズエリア

「アンビソニックス形式」で録音したファイルで、スライダーを動かして音の取り出し方向を自由に調整できます。

「VERTICAL」「HORIZONTAL」「ROLL」というそれぞれのスライダーを動かす事で方向を自由に変えられます。

シークバーエリア

「再生」したりファイルの「開始」「終了時間」を調節してトリミングする事が出来ます。

操作方法は簡単で、「S」と「E」を動かして開始と終了時間を決めます。

エクスポートボタン

右下の赤枠部分がエクスポートボタンです。

変換したりトリミングしたオーディオをファイルとしてエクスポートするときに押すボタンです。

アンビソニックコレクションフィルター

このフィルターを「ON」にする事で空間精度が向上します。

ツッキーツッキー

次は、ファイルリストからファイルを選んでソフトウェアを操作してみたいと思います。

ソフトウェアを操作してみる

ツッキーツッキー

それではソフトウェアを操作してみます。

上部にある「STEREO」「BINAURAL」「5.1 SURROUND」もしくは「CUSTOM LR」どれかで再生することになります。

「Ambisonics A」フォーマットで録音したアコースティックギターの音源でソフトウエアを操作してみたいと思います。

動画でチェック

動画内「05:58 ソフトウェアを操作してみる」にて再生モードごとの音の違い、トランスポーズエリアで再生しながら音の方向を変える様子を視聴できます。

※ヘッドホン推奨です。

2chステレオ

バイノーラル

5.1chサラウンド

それぞれ聴こえ方が違っています。

トランスポーズする

それぞれの再生方法で「VERTICAL」「HORIZONTAL」「ROLL」を操作する事で、聴こえ方や聴こえる方向を変化させる事が出来ます。

動画内では「バイノーラル」モードで再生し、方向を変化させています。

それぞれ良いと思う「方式」「角度」を決めて「EXPORT」ボタンを押して書き出す事が出来ます。

感想とまとめ

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

これから「VR」や「AR」、360度の映像などにチャレンジしようとしている方には必要なアイテムだと思います。

私はバイノーラル録音に興味があって購入しました。

「H3-VR」というハンディーレコーダーの録音方法のまとめ
  • 「Ambisonics A」で録音した音源を専用ソフトウェアZOOM Ambisonics Playerで操作して書き出す事で「STEREO」「BINAURAL」「5.1 SURROUND」もしくは「CUSTOM LR」といったカタチに形式や方向を自由カスタマイズして音源ファイルを作り出せます。
  • 「ステレオ」と「バイノーラル」はそのまま録音出来ます。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ