Roland  A-49のPLAYモードの使い方とコントロールアサイン方法【StudioOne】【MIDIキーボードコントローラー】【DTM】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、RolandのMIDIキーボードA-49の基本的な使い方である「playモード」をまとめた動画です。

説明書を見ながら出来る事をまとめてみました。

また、Studio Oneに付属のソフトウェアシンセサイザーを使い、A-49のつまみにコントロールアサインをする方法を動画にしてみました。

ツッキーツッキー

それでは、PLAYモードの機能を確認していきたいと思います。

PLAYモードの機能

1つずつPLAYモードの機能を確認していきます。

基本操作

MIDIキーボードとして一番基本の使い方は、DAWのインストゥルメントトラックにソフトウェア音源を立ち上げて、音色を選び鍵盤を弾きます。これが基本の操作です。

今回は「Studio One」を用いて基本の操作をしていきます。

ソフトウェア音源を立ち上げる

右側のリストの中からソフトウェア音源を立ち上げます。

左側の空欄のところにドラッグ&ドロップします。

そうしますと自動でインストゥルメントトラックが作成されて音源が表示されます。

鍵盤を弾くと音が出ます。

これが基本の操作となります。

もし音が出ない場合はMIDIキーボードが認識されていない場合がありますので設定し直してみてください。

下記の記事を参考にしてください。

音色を替える

「S1」と「S2」ボタンを押す事でソフトウェア音源の音色を切り替える事が出来ます。

楽曲に使う音色を選んでいる時などに便利です。

ただ、デフォルトでこの機能が使えるソフトウェアは限られいるようです。

「プログラムチェンジ」は使えるととても便利ですので、上手く設定出来れば是非使いたい機能です。

ただ、このボタンが有効なソフトと有効で無いソフトがあります。

例えば今立ち上がっている「Studio One」の純正シンセサイザーは対応していないようです。

実際に「S1」「S2」ボタンを押しても「DAW」に信号を受けている反応はありますが、「プログラムチェンジ」はしてくれませんでした。

何か特別な設定が必要なようです。

ちなみに、下の画像のAppleのシンセサイザーは対応しているようで「プログラムチェンジ」できました。

鍵盤の音の高さを変える

オクターブのプラスとマイナスボタンを押す事でオクターブシフトが出来ます。

移調する

「トランスポーズ」ボタンを押しながら「+」や「ー」ボタンを押す事によって、半音単位で移調する事が出来ます。

隣のインジケーターで何音移調しているか確認出来ます。

この機能でキーを楽曲に合わせれば黒鍵を弾かなくても演奏出来ますので、鍵盤に慣れていない人でも楽に演奏が出来ます。

レバーで音に変化を加える

ピッチベンドとモジュレーションこれはどのソフトウェアでもデフォルトで対応しています。

Dビームで音に効果を加える

Dビームコントローラーは、手をかざして音に効果を加える事が出来るコントローラーです。

「ピッチ」ボタンを押すと音の音程を変える事が出来ます。「ボリューム」ボタンを押すと音量が変わり、抑揚が付けられます。「アサイン」ボタンには自分で好きな機能を割り当てる事が出来ます。

手を近づけたり話したりしてコントロールします。

テルミンみたいなイメージでしょうか。

正直加減が難しいです。

つまみで音に効果を与える

「C1」「C2」つまみを回すと音を変える事が出来ます。

デフォルトでは「C1」にはカットオフ「C2」にはレゾナンスが割り当てられています。

ライブ感覚で音色を変化させられますのでよく使うつまみだと思います。

さまざまなパラメーターを設定できます。

次の章で詳しく設定方法を解説しています。

ペダルで音に効果を加える

ペダルスイッチを踏む事によってホールドが出来ます。

つまみに機能を割り当てる

コントロールアサインのやり方です。

シンセ編

「C1」と「C2」のつまみにStudio One 純正のソフトウェアシンセサイザーを使用してコントロールアサイン(音の割り当て)をしていきます。

現状ではつまみを回しても何も反応しません。

まず「C1」のつまみにカットオフを割り当てます。

シンセサイザーの右上にある歯車のアイコンをクリックします。

「コントロール」が表示されますので「下の矢印」をクリックします。

表示されるリストに「A-49」と表示されますので指定します。

表示されたウインドウの左上に「MIDI Learn」というボタンがありますのでクリックします。

そして「C1」つまみを動かします。

先ほどのウインドウにつまみが表示されます。

そしましたらこのウインドウを一旦閉じて、シンセサイザーの「Cutoff」のところで右クリックします。

表示されたリストに「CutoffをA-49のコントロールにアサイン」と書いてあるところをクリックします。

これで割り当てが完了しましたので、キーボードの「C1」つまみを動かすとシンセサイザーの「Cutoff」が連動して動きます。

「C2」も同様の手順で機能を割り当てることが可能です。

動画でチェック
チャプター「08:39 シンセ編」にて確認出来ます。

イコライザー編

次に、Studio One 純正のイコライザー「Pro EQ」にもコントロールアサインをしてみたいと思います。

イコライザーのローカットとハイカットを「C1」と「C2」に割り当てます。

方法はシンセサイザーの時と同じです。

右上の歯車のアイコンをクリックします。

矢印をクリックして「A-49」を指定します。

左上の「MIDI Learn」を押して「C1」つまみを動かします。

ローカット周波数のつまみを右クリックしてキーボードを指定します。

同じ作業をハイカット周波数でも行い「C2」へアサインします。

結果、ローカットとハイカットをライブで動かすことが出来るようになります。

こちらも効果は面白いので是非動画で確認してみて下さい。

さいごに

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

以上の機能は殆どが初期設定で各ボタンに割り当てられている機能です。

これらを使いこなすだけで、ただ鍵盤弾くだけより幅のある演奏やレコーディングが出来ると思います。

私がよく使うのはトランスポーズで鍵盤のキーを移調させたり、「C1」「C2」つまみに機能を割り当ててレコーディングに使用したりします。

また機会があれば学んでシェアしていきたいと思います。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ