USBマイクとして使う「ZOOM H3-VR」。オーディオインターフェイスとしての使い方。【#3 ハンディーレコーダー/ZOOM/skype/テレワーク/ミーティング】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

ハンディーレコーダー「ZOOM H3-VR」の動画、第3回目です。

今回は「ZOOM H3-VR」を「USBマイク」として会議ソフトの「Zoom」や「Skype」で使用する方法と、オーディオインターフェイスとしての使い方を見ていきたいと思います。

今回の動画は3つの項目です。

オーディオインターフェイスとして接続する、USBマイクとして使用する、最後にまとめです。

ツッキーツッキー

それではまず、パソコンと「H3-VR」を接続していきます。

オーディオインターフェイスとして接続する

ツッキーツッキー

H3-VR」をオーディオインターフェイスのモードにして、パソコンに接続していきたいと思います。

「H3-VR」をオーディオI/Fモードにする

まず「H3-VR」の電源を入れて「MENU」ボタンを押します。

上下キーを使用して「USB」を選択して「ENTER」を押します。

「オーディオI/F」を選択し「ENTER」を押します。

ここで選べるモードは3つあります。

選べるモード
  • ステレオ
  • 4ch Ambisonics
  • ステレオ(iOS)

通常は「ステレオ」を選択します。

これが「Windows/Mac」用の接続モードです。

他の2つの説明は、今回は割愛します。

次に「ステレオ」を選択して「ENTER」を押します。

「H3-VR」とパソコンを接続する

「オーディオI/Fモード」になっている「H3-VR」とUSBケーブルでパソコンを接続します。

接続すると「H3-VR」はバスパワーで駆動します。

ダイレクトモニターを設定する

ダイレクトモニター」も設定しておきます。

基本的にこれは「オン」にしておいて下さい。

「H3-VR」からヘッドホンでモニタリングする場合に遅延を回避できます。

理由を説明すると長くなりますのでこちらも今回は割愛します。

操作方法は、まず「MENU」ボタンを押します。

上下キーを押して「ダイレクトモニター」を選択して「ENTER」を押します。

上下キーを使用して「オン」を選択して「ENTER」を押します。

これで「ダイレクトモニター」の設定が出来ました。

以上でオーディオインターフェイスとして使用する準備は完了です。

H3-VR」をUSBマイクとして使用できる状態になりました

ツッキーツッキー

次はパソコンの画面で、ソフト毎に「H3-VR」をUSBマイクとして使用する手順を見ていきたいと思います。

USBマイクとして使用する

ここまでの操作で「H3-VR」をオーディオインターフェイスとしてパソコンに接続して認識されました。

このあと行う事は、パソコンのソフトウェア、例えばWeb会議ソフトの「Zoom」や「Skype」「DAW」などで「H3-VR」のマイクを指定して入力ゲインの設定をします。

会議ソフトZoomの場合

「Zoom」を立ち上げました。

「Zoom」で「H3-VR」を使用する為の設定は、右上にある歯車のアイコンをクリックします。

左のリストの中の3つ目に「オーディオ」があります。

クリックするとスピーカーとマイクを設定する画面が開きます。

現在のところ既に「H3-VR」は設定されている状態になっています。

私が今喋っている声に反応して入力レベルのインジケーターが動いています。

タブをクリックすると選択肢が出てきます。

「H3-VR」が選択されていない場合は、ここでそれぞれ設定してあげる事で「H3-VR」を使う事が出来ます。

Skypeの場合

「Skype」で「H3-VR」を設定する場合は、左上の[…]「その他」の所をクリックします

ここから「設定」を選びます。

表示されたリストの中から「音声 / ビデオ」を選択します。

ここで下のほうに行くとマイクを選択する画面が現れます。

現在「既定の通信デバイス」が指定されています。

「H3-VR」にはなっていませんのでここをクリックします。

マイク「H3-VR」がリストにありますのでこれをクリックします。

これで切り替わりました。

いま「H3-VR」は私の近くにありますが、私が喋っている声に反応してインジケーターが動いていますので、これで設定が出来た形になります。

DAWの場合

ここでは「Studio One」を例にとって見ていきます。

「H3-VR」を認識させるには、「Studio One」というタブをクリックして、一番下に「オプション」というところがありますのでこれをクリックします。

上のタブの中に「オーディオ設定」という項目がありますのでクリックします。

オーディオデバイス」という所で、接続しているオーディオインターフェイスを選択します。

ここに「H3-VR」は表示されていません。

Windows Audio」という項目がありますのでこれを指定します。

次に隣の「コントロールパネル」をクリックします。

ここのオプションで、「再生デバイス」「ヘッドホン(H3-VR)」。

「レコーディングデバイス」「マイク(H3-VR)」が選択されている状態になっています。

という事ですので、ここには「Windows Audio」と表示されていますが、これは「H3-VR」が選択されている事を示しています。

「H3-VR」はステレオモードなのでステレオトラックを作りました。

いま私の手元に「H3-VR」が置いてあります。

私が喋っている声に反応してインジケーターが動いていますので、正常に作動している事を表しています。

試しに録音してみたいと思います。

波形は小さいのですが正常に録音は出来ました。

動画でチェック

動画内チャプター「05:12 DAW」の場合」の中で、DAWの設定方法、録音した音声の視聴ができます。

「H3-VR」をパソコンから取り外す場合

まずパソコンのソフトウェアを終了して閉じます。

次に「H3-VR」の「MENUボタン」を押します。

下のボタンを押すと「終了」が表れますので「ENTER」を押します。

「実行」か「キャンセル」を選ぶ事が出来ますので「実行」を選択して「ENTER」を押します。

これで通常のモードになりましたのでパソコンから取り外す事が出来ます。

まとめ

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

「H3-VR」とUSBケーブルがあれば、それだけで簡単に高品質な音声をパソコンに送る事が出来るのが分かりました。

「H3-VR」は「アンビソニックス録音」など、多彩な使い方が出来るハンディーレコーダーです。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ