Xperia Ace 開封レビュー 【SONY/楽天モバイル/Rakuten UN-LIMIT/Androidスマートフォン/SIMフリー/スマホ】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は「Xperia Ace」を開封レビューしていきたいと思います。

「Rakuten UN-LIMIT V」が1年間無料なので申し込みました。

今回の動画は6つの項目です。

パッケージの確認と開封、内容物の確認、各部の確認、楽天モバイルスタートガイドの確認、端末の感想と仕様、最後にまとめです。

ツッキーツッキー

それでは、開封していきたいと思います。

パッケージの確認と開封

パッケージの確認

ツッキーツッキー

まずはパッケージの確認です。

シンプルな白いパッケージです。

裏面です。

開封

ツッキーツッキー

それでは開封していきます。

本体の下には説明書類が入っています。

その下には充電器とUSBケーブルが入っていました。

内容物の確認

ツッキーツッキー

内容物の確認です。

内容物
  • Xperia Ace本体

  • 充電器

  • USB Type-C ケーブル

  • 説明書類・保証書

各部の確認

ツッキーツッキー

スマートフォン本体の各部を見ていきたいと思います。

通知LED

本体正面の左上に通知LEDがあります。

SIMカード/microSDカード挿入口

左側面にSIMカードとmicroSDカードの挿入口があります。

音量キー/ズームキー

右側面に音量キーとカメラ使用時に使うズームキーがあります。

電源キー/画面ロックキー/指紋センサー

右側面の音量キーの下に「電源」「画面ロック」「指紋センサー」のためのボタンがあります。

USB Type-C 接続端子

下部に「USB Type-C 接続端子」と「送話口/マイク」があります。

Nマーク

おサイフケータイに対応しています。

カメラレンズ

出っ張りはほとんど無いようです。

内側のカメラレンズです。

楽天モバイルスタートガイドの確認

楽天モバイルを新規契約すると端末と一緒に「楽天モバイルスタートガイド」という立派な冊子が届きますので、これを参考に開通作業をしていきます。

ツッキーツッキー

簡単に手順を確認していきます。

スマートフォンの準備

端末にアップデートが必要な場合は最初に行います。

AndoroidとiPhoneの場合が書いてあります。

SIMのセット

SIMカードを端末にセットします。

「Xperia Ace」は「nanoSIMカード」です。

SIMカードトレイはピンがなくても指で外せるタイプです。

また、SIMカードをセットする時はスマホの電源は必ず切って作業します。

スマートフォンの初期設定をする

はじめてスマートフォンの電源を入れる際は初期設定が必要になりますので冊子を参考に行います。

必要がない場合もあります。

楽天回線の開通を確認する

楽天回線対応製品にSIMカードをセットすると、自動的に楽天回線が開通します。とスタートガイドに書いてあります。

開通していることを確認する為にWi-FiをオフにしてWebページを開き、データ通信が出来るか確認する流れになります。

楽天モバイルで購入した製品はAPN設定を行う必要はありません」とも書いてあります。

楽天回線の開通が確認できない場合の対処法

また、楽天回線の開通が確認できない場合の対処法も書いてあります。

対処法まとめ
  1. 本体の再起動

  2. Wi-Fi・機内モードのON/OFF

  3. SIMカードの抜き差し

  4. ご利用製品の確認

以上を行なっても開通が確認できない場合は楽天モバイルの窓口にお問い合わせするように書いてあります。

内通話かけ放題の設定をする(Rakuten Linkアプリの設定)

アプリの設定ページを開くと最初に書いてあります。

「「Rakuten UN-LIMIT V」の「国内通話かけ放題」のご利用にはRakuten Linkアプリ利用が必須となります。必ず設定を行なって下さい。」

これは、「国内通話かけ放題」で通話したい場合は、Rakutenのアプリから電話をかけて欲しいという話です。

アプリを利用すると、他のスマホや固定電話などの国内通話と国内SMS無料になります。

アプリを利用しない場合は3020(税別)となります。

このアプリの設定もWi-Fiをオフにした状態で行います。

最新版をダウンロードして冊子の通りに進めば使えるようになります。

my楽天モバイルアプリ

「my楽天モバイルアプリ」をインストールすると利用状況や契約内容等を確認したり変更する事が出来ますので、これも必須のアプリです。

端末の感想と仕様

ツッキーツッキー

端末の感想と仕様です。

デザイン

今回パープルを選びました。

前面は強化ガラスです。

背面はグラスファイバーの強化プラスチックです。

メタルとグロスの仕上げで高級感を感じます。

実際に触ってみるとデザインもいいなと思います。

サイズと重さ

小ぶりなサイズの割には重さを感じます。

ケースを着けていない状態だとよく手に馴染むサイズ感だと思います。

持ちやすいです。

サイズと重さ
高さ約140mm
約67mm
厚み約9.3mm
重さ155g

ディスプレイ

約5.0インチで18:9の縦長ディスプレイです。

ディスプレイデータ
種類液晶トリルミナスディスプレイ
サイズ約5.0インチ
解像度(ドット数)Full HD+:1080 x 2160

このサイズでは必要ないなと思いますが、上位機種と同じようにサイドセンスや片手モードも使えます。

カメラ

シングルカメラですが、多機能です。

ツッキーツッキー

以下はカメラの主な特徴です。

ハイブリッド手ブレ補正

約120度の超広角セルフィー

ポートレートセルフィ―

4コマストーリーモード

ハンドシャッター

プレミアムおまかせオート

パフォーマンス

パフォーマンス
CPUsnapdragon630
RAM4GB
ROM64GB
外部メモリmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
防水/防塵防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)

その他

オーディオはハイレゾ対応でオーディオジャックも搭載しています。

スピーカーはステレオです。

まとめ

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

「Xperia Ace」はミドルクラスに分類される端末です。

高級感もありますし、ハイレゾに対応していたりと廉価版とはいえ「Xperia」というブランドに恥じないスマートフォンだと思います。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ