充電器をチェック!USB電流電圧テスターチェッカーの開封レビュー。【COOWOO/急速充電QC2.0/QC3.0/MTK-PE/iPhone2.4A/測定】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は、USB電流電圧テスターを購入してみましたので開封レビューをしていきたいと思います。

スマホなどのUSB機器を充電する充電器がちゃんと表記通りの電流電圧であるか測定するためのアイテムです。

今回の動画は5つの項目です。

開封して内容物の確認、主な特徴、実際に測定してみた、購入した理由、最後に感想と次回予告です。

ツッキーツッキー

それでは開封して内容物を確認していきたいと思います。

開封と内容物の確認

開封

パッケージです。

開封します。

開けるとマニュアルが入っています。

その下に本体があります。

中身は以上でした。

内容物の確認

内容物は「USBテスター本体」と「取扱説明書」です。

取扱説明書は日本語に対応しています。

ツッキーツッキー

主な特徴をみていきたいと思います。

主な特徴

特徴1

急速充電規格のクイックチャージ2.0や3.0に対応した電圧30Vまで、電流5.1Aまで測定可能な最新仕様のUSBチェッカー

特徴2

USB機器を繋げるだけで電圧値・電流値などを一目で確認

特徴3

コンパクト

特徴4

電圧と電流だけでなく、電力(電圧×電流)、経過時間、電流量mAh(充電容量)も計算しリアルタイムで表示

特徴5

測定範囲:電圧U=3-30V、電流I=0-5.1A。急速充電QC2.0/QC3.0/BC1.2/MTK-PE/iPhone2.4Aなど対応

特徴6

シンプルな操作

ボタンはシンプルで「Keyボタン」ひとつだけです。

特徴7

サイズと重さ

サイズは縦約6.5cm 横約2cm 厚み約1.4cm です。

重さは約40gです。

本体はとてもコンパクトです。

ツッキーツッキー

次は手持ちのUSB充電器に接続して、実際に測定をしてみたいと思います。

実際に測定してみた

ANKERの「PowerPort Speed 5」が手元にありますので、これを使用して電流・電圧を測定してみたいと思います。

充電器に差し込みます。

差し込むと通電するようです。

「5.122V」と表示されています。

ツッキーツッキー

では「iPad」に接続します。

接続できました。

「5.057V」「0.944A」と表示されています。

この状態で「Key」ボタンを押すと画面の表示を切り替える事が出来ます。

次の表示画面

次の表示画面

次の表示画面

画面オフ

もう1度押すとデフォルトの表示に切り替わります。

他にこの「Keyボタン」をダブルクリックすると容量がリセット。

4回クリックすると接続した時間をリセット。

5回クリックすると「容量」「電気量」「時間」は全部クリアとなります。

購入した理由

今回USBテスターを購入したきっかけは、私が常に手元に置いて使用している「iPad Pro 12.9インチ」の充電問題があったからです。

いつもは「ANKER Anker PowerPort Speed 5」の「Quick Charge 3.0」端子に接続して充電していました。

しかし、なかなか充電が進まなかったのでちゃんと数値通りに充電されているのか心配になっていました。

今回テスターで測定する事が出来て数値も確認できたので良かったです。

感想と次回予告

ツッキーツッキー

如何だったでしょうか。

感想

手元にあるUSB充電器の性能を実際に数値で見る事が出来て安心しました。

これで古い充電器などの不良や故障なども見つけやすくなると思います。

次回予告

また、最近は充電する端末が増えてきた事もあり「Anker PowerPort Atom III 63W Slim」というUSB充電器を購入しました。

次回はこの充電器の開封レビューしてみたいと思います。

開封レビュー記事↓

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ