Anker PowerPort Atom III 63w SlimとPowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブルの開封レビュー【USB充電器/Type-Cケーブル】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

今回は「Anker PowerPort Atom III 63w slim」と「USB TYPE-Cケーブル」を購入しましたので開封レビューをしていきたいと思います。

今回の動画は、5つの項目です。

開封、内容物の確認、本体各部の確認、主な特徴、最後に感想とまとめです。

ツッキーツッキー

それでは開封していきます。

開封

USB充電器

まずはUSB充電器から開封していきたいと思います。

箱から中身を取り出します。

こんな感じに入っています。

マニュアルとACケーブル、両面テープと本体です。

USB Type-C ケーブル(0.3m)

ツッキーツッキー

次にUSB Type-C ケーブル(0.3m)を開封します。

ケーブルを取り出します。

マニュアルが2枚入っていました。

ツッキーツッキー

2本購入したのでもう1つ開封します。

全部取り出しました。

ツッキーツッキー

次は内容物の確認をしていきたいと思います。

内容物の確認

PowerPort Atom Ⅲ 63w Slim
  • 充電器本体
  • ACケーブル
  • 両面テープ
  • 取扱説明書

PowerLine Ⅲ USB-C & USB-C 2.0
  • Type-C ケーブル(0.3m)
  • 取扱説明書

ツッキーツッキー

次は本体各部を確認していきます。

本体各部の確認

手に持つとこんな感じのサイズ感です。

サイズは「縦約8.8cmx横約8.6cmx厚み1.8cm」です。

実際に見てみると本当にコンパクトです。

私は「ANKER」の「PowerPort Speed 5」を以前から使用しています。

比べてみると厚みが大きく違います。

この厚みの差のせいで、「PowerPort Atom Ⅲ 63w Slim」の方がだいぶコンパクトに感じます。

重さは本体のみで約156gです。

USB端子部分は4つのポートを搭載しています。

「USB-C x2」と「USB-A x2」です。

背面にはACケーブルの端子があります。

ACケーブルの長さは約1.5mです。

底面にはクッション兼滑り止めが付いています。

しっかりとグリップしています。

両面テープが付属しています。

机の裏に固定して使用する事も可能です。

ツッキーツッキー

次は、主な特徴を見ていきたいと思います。

主な特徴

4台同時充電

4台同時に充電可能です。

合計「63W」の高出力で充電できます。

フルスピード充電

USB-Cポートは、最大「18W」と最大「45W」のポートを装備しています。

使用上の注意点

最大「45W」で充電したい場合は「18W」のポートにはケーブルを接続してはいけないそうです。

このルールを守ることで最大「45W」で充電できます。

両方のポートにケーブルを挿している場合は「18W」と「30W」の出力になるそうです。

USB-Aポートは両方使用した場合、合計で「15W」です。

窒化ガリウム採用

今までのシリコン半導体に代わり、次世代パワー半導体素材「GaN」素材を採用。

窒化ガリウムを使用することによって、発熱を抑えられて薄型コンパクトになり高効率充電が可能になっています。

ツッキーツッキー

次は感想とまとめです。

感想とまとめ

本体が薄型でコンパクトなので邪魔になりません。

仕事や旅行などで持ち出すのも簡単だと思います。

出力に関しましては、あくまで合計で「63W」ですので注意が必要です。

特にUSB-A側のポートは合計「15W」で、両方使用するとさらに半分の出力になります。

ただ、「45W」のポートではノートパソコンまで充電できる高出力ですので、場面によってポートを使い分ければ上手に充電できると思います。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ