iLok3の登録と古いiLok2からライセンスを移動する方法【DTM/iLok License Manager/ドングル/PACE/開封レビュー】

ご挨拶

ツッキーツッキー

こんにちは、ツキシマです。

前回の動画でライセンスを格納するドングルとして使用していたUSBメモリを新調しました。

前回のブログ記事↓

その流れで今まで使用していた「iLok2」も、新しい「iLok3」を購入してライセンスを移行したいと思いその様子を動画にしました。

今回の動画は4つの項目です。

パッケージの確認と開封、「iLok3」の登録、ライセンスの移行、最後にまとめです。

ツッキーツッキー

それでは開封していきたいと思います。

パッケージの確認と開封

パッケージの確認

表面

パッケージです。

「iLok3」本体が見えています。「iLok2」に比べると本当に小さくなりました。

実際に比べるとこれだけ大きさの違いがあります。

旧モデルの「iLok2」より転送速度が2倍になり、格納出来るライセンスの数も3倍の1500件になっています。

裏面

日本語に対応していて説明がたくさん記載されています。

iLok3のアカウント登録手順

パッケージ裏面に登録手順が日本語で説明されています。

手順1

1)サイトで無償のアカウントを作成する

私は既にアカウントを持っていますが、初めて購入した方はまずアカウントを作成します。

手順2

2)ライセンスマネージャーを起動し、ログインの上、「iLok」を登録。

ライセンスマネージャーをパソコンにインストールしてログインし、登録する形になります。

あとで実際にやります。

手順3

3)ライセンスをアクティベート!ドラッグアンドドロップでOK。

手順4

4)「iLok」有効化ソフトウェアを起動。

ツッキーツッキー

という手順になっています。

以前よりは簡略化されている気がします。

私の経験では、6年くらい前に使用していた「iLok2」のライトが謎に点滅するという症状が発生して慌てて新しい「iLok2」を購入してライセンスを移動した事がありました。

その時はホームページ上で登録作業をした気がしますが、今回はアプリケーション上で出来るみたいです。

※もしかしたら当時もアプリ上で登録できたけど私が知らなかっただけかもしれません。。。

開封

裏側にミシン目がありますので、それに沿ってパッケージを開けます。

見事にパッケージはボロボロになりました。

なんとか本体を取り出すことができました。

下の画像の面がUSB端子です。

ツッキーツッキー

それでは、パソコンの画面に移行して登録作業をしていきたいと思います。

「iLok3」を実際に登録

まず「iLokライセンスマネージャー」を起動してログインしました。

次に新しい「iLok3」をパソコンに挿します。

念のためですが、「iLokライセンスマネージャー」にログインした状態でパソコンに挿してください。

「iLok3」を感知すると下図のメッセージが表示されます。

新しい「iLok3」を私のアカウントに登録していいのか聞いてきていますので「Yes」を選択します。

すると、「?」マークが取れて、私のアカウントに新しい「iLok3」登録されました。

ツッキーツッキー

次はライセンスの移行をしていきたいと思います。

新しい「iLok」へライセンスの移行手順

Deactivateする

左のリストにある古い「iLok」をクリックすると、その「iLok」に入っているライセンスのリストが表示されます。

次に任意のライセンスを右クリックします。

下図のようにプルダウンメニューの中に「Deactivate」ボタンが表示されます。

ここで「Deactivate」をクリックするとライセンスを一旦「iLokアカウント」へ戻す事ができます。

そうしますと、今まで「iLok2」に入っていたライセンスをアカウントに戻していいか聞かれています。

「OK」をクリックします。

これで一旦アカウントに「Auto-Tune」のライセンスが戻されます。

左上の青い部分をクリックすると全てのライセンスを見る事が出来て、先ほどアカウントに戻した「Auto-Tune7」が下の画像の一番下に表示されています。

新しい「iLok」へ移動する

「iLokアカウント」に戻したライセンスは任意の「iLok」へ移動できますので、新しい「iLok3」へドラッグアンドドロップします。

移行していいのか確認されますので「OK」を選択します。

問題が無ければ少し待つとアクティベーションが成功したと表示されますので「OK」をクリックします。

これでライセンスが移動が完了しました。

新しい「iLok」をクリックすると、いま移動した「Auto-Tune7」のライセンスが新しい「iLok3」に入っています。

後日談
  • アカウントに戻す操作をしなくても、古い「iLok」のリストから新しい「iLok」へ直接ドラッグ&ドロップしてライセンスの移動は出来ました。
  • 複数選択して一気にライセンス移動する事も出来ました。

ツッキーツッキー

私の場合長年DTMをやっていますので、使わないライセンスも多いです。

この際整理して必要なライセンスだけ移動したいと思います。

ライセンスの移行手順は以上になります。

まとめ

「iLok」も長時間パソコンに挿しっぱなしですので、それなりに消耗して劣化していくと思います。

前回のUSBメモリもそうですが、使用中に壊れてしまうとライセンスが使用できなくなってしまいます。

特に「iLok」はアメリカの会社ですので、故障した場合は復旧に時間と費用がとてもかかります。

iLokが壊れた場合

アメリカの会社に「iLok」を郵送。

その後、新品を送り返して貰う形になります。

最近はライセンス管理がクラウド方式になったり形が変わってきています。

いずれ私も検討してみたいと思っています。

ツッキーツッキー

それでは、最後までご視聴ありがとうございました。

この記事の動画「YouTube」へ